ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米軍基地返還で日米合意。辺野古移設が普天間返還の条件となってしまう理由とは?

 

 日米両政府は4月5日、沖縄県の米軍嘉手納基地町など)以南の施設に関する返還計画で合意した。焦点となっていた普天間飛行場については辺野古への移設が条件となり、返還は確約されなかった。また時期についても2022年度以降となり、期限も明示されなかった。

 政府は「沖縄の負担軽減にとって極めて有意義」(安倍首相)との立場だが、沖縄県の仲井真知事は、普天間基地が当分の間残ることや、辺野古への移設が返還の条件となっていることについて懸念を表明している。

  沖縄返還後、沖縄の米軍基地をめぐっては、これまで多くの交渉が行われてきた。だが今回の基地返還交渉が従来と異なっているのは、米軍が沖縄から撤収する動きの中での交渉という点である。

 米軍(特に海兵隊)は現在、大規模な組織再編の真っ最中であり、従来のように日本に大量の部隊を駐留させるやり方から、即時性の高いより柔軟な体制へのシフトを進めている。これまで沖縄に常駐していた海兵隊はグアムやオーストラリアなどに配置転換されている(本誌記事「新しい米国の世界戦略で在日米軍がいなくなる?」参照)。

 大雑把に言ってしまうと、沖縄での拠点を辺野古に集約し、それ以外は日本に返還するという方針である。つまり沖縄が長年求めていた米軍の撤収が始まっているのである。米軍としては、有事の拠点としての辺野古だけは何としても確保したいと考えており、基本的には沖縄からの撤収なのだから理解して欲しいという考えだ。

 だが沖縄県民からしてみれば、他の基地から海兵隊が撤収しても辺野古には大きな拠点が残ることになる。結局沖縄県民がすべてを負担することになると考えており、多くの県民が辺野古との交換条件について納得していない。

  地政学上沖縄は重要な場所であり、米国は沖縄以外で海兵隊の拠点を設置することは基本的に考えていない。海兵隊員を輸送する揚陸艦隊の母港が佐世保であるという影響も大きい。米軍は基本的に東シナ海や南シナ海での有事を想定しており、佐世保よりも西側に海兵隊の基地を設置することはあり得ないからだ。

 沖縄の基地問題は、ややもすると基地を抱える地元対策の話になりがちだが、それは違う。最終的には米国の世界戦略と日本の安全保障政策に直接的に関係してくるテーマである。沖縄の基地問題がなかなか解決してこなかった最大の原因は、国民の安全保障に対する関心が低かったことが大きく影響しているのだ(本誌記事「普天間基地の県外移設に関する議論は、なぜ聞いていてスッキリしないのか?」参照)。

 - 政治

  関連記事

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

buidingold
政府が地方都市の不動産活性化ファンドを検討中。だが完全に手遅れだ!

 政府は、経済対策の一貫として、商業施設やマンションの建設プロジェクトに投資する …

rakutenmikitani
三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。20 …

ippankyosho
オバマ政権の関心は経済しかない。一般教書演説から占う米中関係と日米関係

 米国のオバマ大統領は2014年1月28日、米議会において一般教書演説を行った。 …

tanbo
TPPを前にとうとう減反政策を転換。だが日本のコメ農家は大規模化で強くなれるのか?

 政府は、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結を視野に、50年にわたって …

aribabakinyu
シャドーバンキングといっても幅が広い。アリババや百度でも扱っている。

 中国では、いわゆる影の銀行(シャドーバンキング)による過剰融資が大きな問題とな …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

nodazeichou
与党が2014年度税制改正大綱を発表。目玉はなくインパクトにに欠ける内容に終始

 自民・公明の両党は2013年12月12日、2014年度の税制改正大綱を決定した …

streetlive
大阪で路上ライブ合法化の動き。だが区役所職員がアーティストを「認定」って・・・・

 大阪の自治体では、合法的に路上ライブをできるスペースをアーティストに提供し、こ …

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …