ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、円安の進展によって海外からの利子や配当が増え、最終的な国の儲けを示す経常収支は6374億円の黒字となった。黒字転換は4カ月ぶり。ただし、今回の黒字転換は季節要因も大きく、季節調整済みの数値では若干の赤字となっている。

 日本は企業の輸出競争力の低下や原発停止によるエネルギー輸入の急増によって、慢性的な貿易赤字体質になってきている。
 だが日本は、これまでに蓄積した膨大な貿易黒字を海外に再投資しており、毎月1兆円以上の不労所得(利子・配当など)がある。
 このため、貿易による赤字と投資収益が相殺され、何とか経常収支は大幅赤字にならずに済んでいる。

 もし日本企業の競争力が維持され円安だけが進んでいけば、貿易赤字が減少し、利子・配当が増加するので、経常収支は横ばいか改善に向かうはずだ。

 だが必ずしもそうとは限らない。日本企業の競争力低下が止まらない場合、輸出の減少を円安でカバーできなくなり、貿易赤字がさらに拡大する可能性がある。また世界的な景気低迷によって貿易額そのものが減ってきており、特に中国向けの輸出が大きく落ち込んでいる。エネルギー供給も不安定なままだ(本誌記事「2月の貿易統計。赤字は8カ月連続。米国向けの輸出だけが絶好調」参照)。

 経常収支の赤字が長期的、構造的問題だとすると、それを解決する手段のひとつは海外直接投資の増加である。
 日本の海外に対する直接投資の額はまだ100兆円程度しかなく、国内には資金が滞留している。投資収益率の高い直接投資を増やすことができれば、経常収支の改善に大きく寄与するはずである。ただ2月の海外直接投資は約1兆円と前年同月比で23%も減少しているのは少々気になるところだ(本誌記事「経常収支が3カ月連続赤字。最後の頼みは直接投資増加だが、円安という大敵が・・・」参照)。

 もっとも当分の間は円安による株価の上昇などで、国内経済にはプラスの効果が大きいだろう。ただこうした傾向が長期間継続すると次第に悪影響が目についてくることになるかもしれない。それまでの間に、どれだけ海外投資を増やしていけるかが、今後の日本の経常収支を大きく左右することになる。

 - 経済

  関連記事

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …

satsutaba02
預金封鎖と財産税が密かな話題となっている背景とは?

 終戦直後に実施された預金封鎖と財産税がちょっとした話題になっている。NHKが夜 …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

sonmasayosi
ソフトバンクの営業利益が1兆円超え。アリババ上場で4兆円の含み益も

 ソフトバンクは2014年5月7日、2014年3月期の決算を発表した。かねてから …

uenotizuko
上野千鶴子氏の発言をめぐって炎上騒ぎ。日本は本当に貧しくなってきたのかも・・・・

 日本におけるフェミニズムの先駆者の一人として知られる上野千鶴子氏の発言をめぐり …

no image
韓国の家計部門が危機的水準に突入と海外メディアが報道

 韓国の家計債務の可処分所得比率が危機的レベルに近づきつつあるといくつかの海外メ …

amari
7~9月期のGDPはかなり悪い?政府内部で経済対策に向けた動きが活発化

 政府内部で経済対策の実施に向けた動きが活発になってきた。背景には、7~9月期G …