ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、円安の進展によって海外からの利子や配当が増え、最終的な国の儲けを示す経常収支は6374億円の黒字となった。黒字転換は4カ月ぶり。ただし、今回の黒字転換は季節要因も大きく、季節調整済みの数値では若干の赤字となっている。

 日本は企業の輸出競争力の低下や原発停止によるエネルギー輸入の急増によって、慢性的な貿易赤字体質になってきている。
 だが日本は、これまでに蓄積した膨大な貿易黒字を海外に再投資しており、毎月1兆円以上の不労所得(利子・配当など)がある。
 このため、貿易による赤字と投資収益が相殺され、何とか経常収支は大幅赤字にならずに済んでいる。

 もし日本企業の競争力が維持され円安だけが進んでいけば、貿易赤字が減少し、利子・配当が増加するので、経常収支は横ばいか改善に向かうはずだ。

 だが必ずしもそうとは限らない。日本企業の競争力低下が止まらない場合、輸出の減少を円安でカバーできなくなり、貿易赤字がさらに拡大する可能性がある。また世界的な景気低迷によって貿易額そのものが減ってきており、特に中国向けの輸出が大きく落ち込んでいる。エネルギー供給も不安定なままだ(本誌記事「2月の貿易統計。赤字は8カ月連続。米国向けの輸出だけが絶好調」参照)。

 経常収支の赤字が長期的、構造的問題だとすると、それを解決する手段のひとつは海外直接投資の増加である。
 日本の海外に対する直接投資の額はまだ100兆円程度しかなく、国内には資金が滞留している。投資収益率の高い直接投資を増やすことができれば、経常収支の改善に大きく寄与するはずである。ただ2月の海外直接投資は約1兆円と前年同月比で23%も減少しているのは少々気になるところだ(本誌記事「経常収支が3カ月連続赤字。最後の頼みは直接投資増加だが、円安という大敵が・・・」参照)。

 もっとも当分の間は円安による株価の上昇などで、国内経済にはプラスの効果が大きいだろう。ただこうした傾向が長期間継続すると次第に悪影響が目についてくることになるかもしれない。それまでの間に、どれだけ海外投資を増やしていけるかが、今後の日本の経常収支を大きく左右することになる。

 - 経済

  関連記事

eikokumei
英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全 …

usakoyoutoukei201401
米1月の雇用統計は今ひとつ。失業保険給付打ち切りが失業率を下げた可能性が高い

 米労働省は2014年2月7日、1月の雇用統計を発表した。先月の雇用統計があまり …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …

g20wasinton
G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4 …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

tosho05
中国ショックによる世界同時株安。日本は特に悪い条件が揃っている

 中国の景気減速懸念から、先週の株式市場は大荒れとなった。市場では下落は一時的と …

opec02
OPECが原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景

 OPEC(世界石油輸出国機構)は2014年11月27日、オーストリア・ウィーン …

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …

nttkoshudenwa
ドコモがセット割り参入を総会で表明。民営化から30年、NTTをめぐる環境は変わった

 NTTドコモの加藤薫社長は2014年6月19日、定時株主総会で、NTT本体との …