ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置)の導入をめぐって証券会社が困惑している。

 この制度は、年間一定金額まで株式投資の配当所得やキャピタルゲインを非課税とするもので、英国のISA制度をもとに策定されたことから、日本版ISAとも呼ばれている。
 2013年1月に自民党から提出された「平成25年度税制改正大綱」に盛り込まれ、その後閣議決定された。2014年1月に導入が始まる予定。

  一定金額まで非課税になる制度であり、証券会社としては絶好の顧客獲得チャンスに見える。
 だが証券会社における営業の現場では、そうでもなさそうな雰囲気なのだ。問題なのは制度の具体的内容だという。

 この優遇制度を利用するためには投資家は専用の口座を開く必要がある。だが口座が開設可能としている期間は10年間で、しかも、非課税になるのは5年間だけという期限付きの措置。恒久化も検討しているというが、現段階ではまだ見通しは立っていない。
 さらに、この口座の開設は1人あたり1口座に限定されており、複数の証券会社で同時に口座を持つことができない。しかも、口座開設可能な10年間において、金融機関を変更できるのは2回までで、そこにも細かい制限がある。実質的に1社が1名の投資家を囲い込む形に限定されてしまう。

 証券会社は新しい口座を維持管理するために、相応のシステム・コストをかけなければならない。期間限定でいつまで続くか分らないという不透明性に加えて、投資金額が年間100万円までと上限があることから、手数料収入も限られたものになる。しかも他社に顧客を取られてしまったらそれでおしまいだ。証券会社の中には、ISA口座の見送りについて検討しているところすらある。

 また投資家にとってもいいことばかりではない。非課税期間が終了した後では、売却して利益が出ても、税金を支払わなければならない。非課税期間中に確実に売却を行う投資家でなければ、この口座のメリットを100%生かすことはできないのだ。

 とにかく、制度の中身が非常に分かりにくく、投資家にとっては不便極まりない。「貯蓄から投資へ」と促すための目玉制度らしいが、前途多難な状況だ。

 - 経済

  関連記事

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

yuseijoujou
郵政グループの売り出し価格決定。成長銘柄ではなく、配当銘柄として考えるべき?

 日本郵政グループが2015年11月4日に上場する。上場するグループ3社のうち、 …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

kosokudoro02
消費税の影響は今のところ限定的だが、やはり公共事業頼み?

 消費増税後の景気を、活発な公共事業が支える構図が明確になっている。内閣府が発表 …

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

facebookhead
グーグルとフェイスブックが好決算。ただ、従来路線の延長で目新しさはなし

 ネット企業大手のグーグルとフェイスブックが共に好決算を発表した。ただ両社とも収 …

wallst02
米国で雇用の質が徐々に改善。NYではウォール街に頼らない雇用増を実現

 景気拡大が続く米国で雇用の質が改善している。ニューヨークでは、かつてはウォール …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …