ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置)の導入をめぐって証券会社が困惑している。

 この制度は、年間一定金額まで株式投資の配当所得やキャピタルゲインを非課税とするもので、英国のISA制度をもとに策定されたことから、日本版ISAとも呼ばれている。
 2013年1月に自民党から提出された「平成25年度税制改正大綱」に盛り込まれ、その後閣議決定された。2014年1月に導入が始まる予定。

  一定金額まで非課税になる制度であり、証券会社としては絶好の顧客獲得チャンスに見える。
 だが証券会社における営業の現場では、そうでもなさそうな雰囲気なのだ。問題なのは制度の具体的内容だという。

 この優遇制度を利用するためには投資家は専用の口座を開く必要がある。だが口座が開設可能としている期間は10年間で、しかも、非課税になるのは5年間だけという期限付きの措置。恒久化も検討しているというが、現段階ではまだ見通しは立っていない。
 さらに、この口座の開設は1人あたり1口座に限定されており、複数の証券会社で同時に口座を持つことができない。しかも、口座開設可能な10年間において、金融機関を変更できるのは2回までで、そこにも細かい制限がある。実質的に1社が1名の投資家を囲い込む形に限定されてしまう。

 証券会社は新しい口座を維持管理するために、相応のシステム・コストをかけなければならない。期間限定でいつまで続くか分らないという不透明性に加えて、投資金額が年間100万円までと上限があることから、手数料収入も限られたものになる。しかも他社に顧客を取られてしまったらそれでおしまいだ。証券会社の中には、ISA口座の見送りについて検討しているところすらある。

 また投資家にとってもいいことばかりではない。非課税期間が終了した後では、売却して利益が出ても、税金を支払わなければならない。非課税期間中に確実に売却を行う投資家でなければ、この口座のメリットを100%生かすことはできないのだ。

 とにかく、制度の中身が非常に分かりにくく、投資家にとっては不便極まりない。「貯蓄から投資へ」と促すための目玉制度らしいが、前途多難な状況だ。

 - 経済

  関連記事

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

mothers
従来の説はほとんどウソだった。日本でベンチャー企業が発達しない本当の理由。

 日本でベンチャー振興が叫ばれてから久しいが、一向にベンチャー企業が盛り上がる気 …

capitolhill
米国議会が予算と債務上限をめぐるチキンレースを繰り返せる背景とは?

 米議会下院は9月29日、オバマ大統領が推進する医療保険改革法の実施を1年遅らせ …

girishagikai
銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支 …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

suzuki
軽のスズキがババを引いた税制改正大綱。自動車業界もゼロサムゲームに突入

 自民・公明両党が発表した2014年度の税制改正大綱では、自動車税の扱いが一つの …

robotfunuc
グーグルと鴻海がロボットで提携。困るのはファナックではなく日本の町工場?

 インターネット検索大手のグーグルと台湾の鴻海精密工業がロボット分野で提携を進め …

wallst02
8月の雇用統計は市場予想を下回るもまずまず。9月緩和縮小の可能性は引き続き高い

 米FRB(連邦準備制度理事会)における緩和縮小の判断材料となる最新経済指標がほ …

detroit
米自動車産業は奇跡の復活を遂げたのに、なぜデトロイト市は破綻したのか?

 GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイ …

sharp
綱渡り経営が続くシャープの決算。すべては銀行の方針次第

 経営再建中のシャープは5月14日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前 …