ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置)の導入をめぐって証券会社が困惑している。

 この制度は、年間一定金額まで株式投資の配当所得やキャピタルゲインを非課税とするもので、英国のISA制度をもとに策定されたことから、日本版ISAとも呼ばれている。
 2013年1月に自民党から提出された「平成25年度税制改正大綱」に盛り込まれ、その後閣議決定された。2014年1月に導入が始まる予定。

  一定金額まで非課税になる制度であり、証券会社としては絶好の顧客獲得チャンスに見える。
 だが証券会社における営業の現場では、そうでもなさそうな雰囲気なのだ。問題なのは制度の具体的内容だという。

 この優遇制度を利用するためには投資家は専用の口座を開く必要がある。だが口座が開設可能としている期間は10年間で、しかも、非課税になるのは5年間だけという期限付きの措置。恒久化も検討しているというが、現段階ではまだ見通しは立っていない。
 さらに、この口座の開設は1人あたり1口座に限定されており、複数の証券会社で同時に口座を持つことができない。しかも、口座開設可能な10年間において、金融機関を変更できるのは2回までで、そこにも細かい制限がある。実質的に1社が1名の投資家を囲い込む形に限定されてしまう。

 証券会社は新しい口座を維持管理するために、相応のシステム・コストをかけなければならない。期間限定でいつまで続くか分らないという不透明性に加えて、投資金額が年間100万円までと上限があることから、手数料収入も限られたものになる。しかも他社に顧客を取られてしまったらそれでおしまいだ。証券会社の中には、ISA口座の見送りについて検討しているところすらある。

 また投資家にとってもいいことばかりではない。非課税期間が終了した後では、売却して利益が出ても、税金を支払わなければならない。非課税期間中に確実に売却を行う投資家でなければ、この口座のメリットを100%生かすことはできないのだ。

 とにかく、制度の中身が非常に分かりにくく、投資家にとっては不便極まりない。「貯蓄から投資へ」と促すための目玉制度らしいが、前途多難な状況だ。

 - 経済

  関連記事

toyotaroboto
今更? ウーバー出資や2足歩行ロボット買収など、トヨタに漂う出遅れ感

 トヨタが人工知能やシェアリング・エコノミーへの対応を矢継ぎ早に進めている。だが …

bouekitoukei201311
日本の貿易赤字がさらに拡大。だがその主な原因は原発停止ではない

 財務省は12月18日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

kokkaigijido
自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には2 …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

jinmindaikaido
中国主導のアジアインフラ投資銀行に英が参加。米は表向き反発なのだが・・・

 英財務省は2015年3月12日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行に参加する …

kurodasosai
トランプ氏の当選で日米金利が急上昇。シナリオが狂ってしまった日銀

 トランプ大統領の誕生をきっかけに、日米の債券市場で金利が急騰している。米国はす …

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

shalegasrig
シェールガス会社の破綻でバブル終了。だが本当のインパクトはこれからだ!

 米国でシェールガスなどを生産するGMXリソーシズは4月1日、米連邦破産法11条 …