ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒中のため死亡した。87歳であった。

 サッチャー元首相の最大の功績は、インフレと低成長にあえいでいた英国経済を立て直し、英国復活の基盤を固めたことである。
 現在では構造改革という手法は極めてポピュラーなものになっているが、これはサッチャー首相が初めて政策として導入したものである。

 英国は以前は「ゆりかごから墓場まで」と言われた手厚い福祉政策で有名な国であった。だが70年代に入ると企業の競争力が低下。経済は低迷しインフレに悩まされるようになった。なかなか低迷から脱出できない状況は「英国病」ともいわれた。

 79年に首相に就任したサッチャー氏は、ストを繰り返す動労組合と真っ向から対立。40以上もあった国有企業を一気に民営化した。また規制緩和、金融改革といった競争政策の導入を断行し、英国経済を復活させた。
 その手法は「サッチャリズム」と呼ばれ、同時期に米国大統領に就任したレーガン氏の「レーガノミックス」と併せて、現在の新自由主義的構造改革路線の原型となっている。

 英国初の女性首相であり、その強硬なスタンスから「鉄の女」と呼ばれ、夫のデニス氏も含めて当時は様々な揶揄の対象にもなった。
 1982年には、フォークランド諸島を突如占領したアルゼンチンに対して軍事力を行使。わずか3カ月で島を奪還した。開戦を決定する閣議で多くの閣僚が戦争に反対したことから「この中に男はいないのか!」と叫んだというウソのような話もある。
 だが実際には夫を尻に敷いていたわけではなく、夫を尊敬するよき妻だったといわれている。

 サッチャー氏が導入した構造改革路線はその後、各国の経済政策の中心的存在となったが、最近では行き過ぎた競争原理主義に対する批判も強くなってきている。

 彼女が現在の世界情勢をどのように見ていたのかはわからない。だが2000年代から認知症を患い、晩年は首相であったことも分からなくなっていたことを考えると、少なくともリーマンショックについては、よく状況を理解できていなかったかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

shacho
日本企業の役員報酬は果たして高いのか安いのか?

 東京商工リサーチは2016年6月29日、2016年3月期において1億円以上の役 …

kaishaho
日本の上場企業はすでに国有企業?懸念されるガバナンス問題

 公的年金による積極的な株式投資の結果、多くの企業で政府が事実上の大株主になって …

osupurei
オスプレイ導入で着々と進む自衛隊の海兵隊化。だがソフト面での覚悟は出来てるのか?

 これまで本土防衛能力だけに特化してきた自衛隊が、徐々に米国海兵隊のような国外展 …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

koizumi
政局化狙い?それとも息子への援護射撃。小泉元首相による脱原発論の背景とは?

 小泉純一郎元首相が持論である脱原発論を加速させている。小泉氏は10月1日、名古 …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

sanfranrengin
実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国 …

kosokudoro02
消費税の影響は今のところ限定的だが、やはり公共事業頼み?

 消費増税後の景気を、活発な公共事業が支える構図が明確になっている。内閣府が発表 …

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …