ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒中のため死亡した。87歳であった。

 サッチャー元首相の最大の功績は、インフレと低成長にあえいでいた英国経済を立て直し、英国復活の基盤を固めたことである。
 現在では構造改革という手法は極めてポピュラーなものになっているが、これはサッチャー首相が初めて政策として導入したものである。

 英国は以前は「ゆりかごから墓場まで」と言われた手厚い福祉政策で有名な国であった。だが70年代に入ると企業の競争力が低下。経済は低迷しインフレに悩まされるようになった。なかなか低迷から脱出できない状況は「英国病」ともいわれた。

 79年に首相に就任したサッチャー氏は、ストを繰り返す動労組合と真っ向から対立。40以上もあった国有企業を一気に民営化した。また規制緩和、金融改革といった競争政策の導入を断行し、英国経済を復活させた。
 その手法は「サッチャリズム」と呼ばれ、同時期に米国大統領に就任したレーガン氏の「レーガノミックス」と併せて、現在の新自由主義的構造改革路線の原型となっている。

 英国初の女性首相であり、その強硬なスタンスから「鉄の女」と呼ばれ、夫のデニス氏も含めて当時は様々な揶揄の対象にもなった。
 1982年には、フォークランド諸島を突如占領したアルゼンチンに対して軍事力を行使。わずか3カ月で島を奪還した。開戦を決定する閣議で多くの閣僚が戦争に反対したことから「この中に男はいないのか!」と叫んだというウソのような話もある。
 だが実際には夫を尻に敷いていたわけではなく、夫を尊敬するよき妻だったといわれている。

 サッチャー氏が導入した構造改革路線はその後、各国の経済政策の中心的存在となったが、最近では行き過ぎた競争原理主義に対する批判も強くなってきている。

 彼女が現在の世界情勢をどのように見ていたのかはわからない。だが2000年代から認知症を患い、晩年は首相であったことも分からなくなっていたことを考えると、少なくともリーマンショックについては、よく状況を理解できていなかったかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

niinami
ローソン新浪氏を社長に招聘したサントリー。長年の「迷い」を断ち切ることができるのか?

 サントリーホールディングスは、ローソン会長の新浪剛史氏を10月1日付けで社長に …

aso
麻生財務相が高橋是清の政策をモデルにと言及。その後の展開を知っての発言なのか?

 麻生財務相は2月3日、NHKの番組に出演し、デフレ対策として戦前の政治家である …

super02
個人消費に関する指標が軒並み大幅マイナス。これは単なる反動減ではない

 消費増税後の個人消費の減速が加速している。消費増税が直接の原因だが、背景には実 …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

planb1step
米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店 …

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …

shanhai
日本企業の4社に1社が海外に現地法人を設立。輸出の時代は完全に終わった

 経済産業省は26日、2012年企業活動調査速報を発表した。この中で、日本の製造 …

mizuho
新みずほ銀行がようやく発足。だが失われた10年はあまりにも長い

 みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が7月1日合併 …