ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒中のため死亡した。87歳であった。

 サッチャー元首相の最大の功績は、インフレと低成長にあえいでいた英国経済を立て直し、英国復活の基盤を固めたことである。
 現在では構造改革という手法は極めてポピュラーなものになっているが、これはサッチャー首相が初めて政策として導入したものである。

 英国は以前は「ゆりかごから墓場まで」と言われた手厚い福祉政策で有名な国であった。だが70年代に入ると企業の競争力が低下。経済は低迷しインフレに悩まされるようになった。なかなか低迷から脱出できない状況は「英国病」ともいわれた。

 79年に首相に就任したサッチャー氏は、ストを繰り返す動労組合と真っ向から対立。40以上もあった国有企業を一気に民営化した。また規制緩和、金融改革といった競争政策の導入を断行し、英国経済を復活させた。
 その手法は「サッチャリズム」と呼ばれ、同時期に米国大統領に就任したレーガン氏の「レーガノミックス」と併せて、現在の新自由主義的構造改革路線の原型となっている。

 英国初の女性首相であり、その強硬なスタンスから「鉄の女」と呼ばれ、夫のデニス氏も含めて当時は様々な揶揄の対象にもなった。
 1982年には、フォークランド諸島を突如占領したアルゼンチンに対して軍事力を行使。わずか3カ月で島を奪還した。開戦を決定する閣議で多くの閣僚が戦争に反対したことから「この中に男はいないのか!」と叫んだというウソのような話もある。
 だが実際には夫を尻に敷いていたわけではなく、夫を尊敬するよき妻だったといわれている。

 サッチャー氏が導入した構造改革路線はその後、各国の経済政策の中心的存在となったが、最近では行き過ぎた競争原理主義に対する批判も強くなってきている。

 彼女が現在の世界情勢をどのように見ていたのかはわからない。だが2000年代から認知症を患い、晩年は首相であったことも分からなくなっていたことを考えると、少なくともリーマンショックについては、よく状況を理解できていなかったかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

okada01
岡田副総理が事実上領土問題の存在を肯定。中国側はこれを着地点とみなしている

 「尖閣は領土問題ではないが議論があることは事実」との岡田克也副総理の発言が中国 …

weizugamen
道路情報シェアのアプリをめぐって米で騒動。問われるインテリジェンス能力

 渋滞など道路情報をシェアするアプリ「Waze」をめぐって米国でちょっとした騒動 …

obamacare
まるで日本の電子政府!オバマケアの中核となるWebサイトでトラブル連発

 米国の医療保険制度改革(いわゆるオバマケア)の中核となるWebサイトが不具合を …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

canonooita
キヤノンがデジタルカメラの生産を完全自動化する本質的意味とは?

 キヤノンは2015年7月4日、国内のデジタルカメラ生産を自動化するための設備を …

google2014
さらに安定成長に向かうグーグル。市場は次のブレークスルー待ち

 米グーグルは2015年1月29日、2014年10~12月期の決算を発表した。こ …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

obamaegypt02
デモ排除で多数の死者が出ても、米国がエジプトへの軍事支援を簡単にやめられないワケ

 エジプトのモルシ前大統領を支持するデモ隊に対してエジプト軍が強制排除を行い多数 …

teinensaikoyou
定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下 …