ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープとインテルが提携という報道をめぐって、海外メディアとのレベルの差が露呈

 

 シャープがインテルと資本提携を模索しているとの報道をめぐり、日本のマスコミのダメっぷりが露呈している。

 インテルとの資本提携に関する報道を行ったのは毎日新聞。だが記事をよく読むと「シャープが、米インテルと資本提携に向けて交渉を進めていることが分かった」としか書いておらず、ニュースソースが明らかになっていない。毎日は一応シャープ広報室にも取材を入れており、シャープ広報室は「知らない」と答えたと掲載している。

 察するに、シャープ社員の誰かが匿名でインテルとの交渉について毎日に漏らし、毎日がそれをそのまま書いた、といったところだろう。
 情報源を秘匿し、情報提供者を守るのはマスコミの使命だ。だがどのようなルートからの情報であるのかすら開示しないのでは、それはニュースとはいえない。この記事はそれについてまったく触れていないので、本来は記事になるようなシロモノではない(たとえそれが事実であっても)。

 これに対してロイターの記事は秀逸だ。毎日がニュースソースを特定せずに記事を掲載している旨に言及し、シャープの広報担当者とインテルの広報担当者に取材を入れ、両社の広報担当者のコメントを実名入りで掲載している。地味な記事だが、現状で分かる範囲の事実関係をきちっと押さえている。

 そもそも企業の広報担当者として「知らない」というコメントはあり得ない。「社」として知らないのか「個人的に知らない」のか? 社として知らないというなら、それは交渉をしていないということと同じであり、もしそうであれば「交渉したという事実はない」とコメントすべきである。
 もしそのようなふざけたコメントを出されたら、「ふざけたコメントが出された」とメディアは書くべきだ。
 ロイターの記事には、「インテルとの提携を進めているという報道について、広報担当者は否定した」と書かれている。外国のメディアには「知らない」とは答えていないようだ。

 日本のマスコミはツメが甘い。ツメが甘いから企業の広報にナメられる。だが、企業の広報担当者も、日本のメディアには居丈高に振る舞うが、外国メディアにはめっぽう弱く、いつもヘコヘコしている。日本のマスコミの企業や役所との関係は、卑屈な日本社会の縮図そのものなのだ。

 日本のマスコミは、いつまで企業の広報や役人にブラ下がって、情報のおこぼれをもらうような乞食取材を続ける気なのだろうか?

 - マスコミ, 経済

  関連記事

no image
世界の中心でインフレを叫ぶ

 このご時勢にインフレなどと言ったら「お前頭がおかしいんじゃないか?」言われそう …

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …

birukensetsu
4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。いよいよアベノミクスの成果が問われる局面へ

 内閣府は2015年8月17日、2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

no image
貸し出し増加はやはり無理?積み上がった当座預金残高に銀行は手を付けず

 日銀による異次元の量的緩和から3カ月が経過した。日銀が長期国債を一気に買い占め …

mvc
日本の年金基金などが米国の発電所を買収。インフラ投資のモデルケースとなるか?

 インフラ投資のための共同事業体であるグローバル戦略投資アライアンス(GSIA) …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

no image
税収上振れで1兆5000億円近い剰余金。使い道をめぐって攻防が激化?

 財務省は2014年7月3日、2013年度決算概要を発表した。それによると、一般 …