ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープとインテルが提携という報道をめぐって、海外メディアとのレベルの差が露呈

 

 シャープがインテルと資本提携を模索しているとの報道をめぐり、日本のマスコミのダメっぷりが露呈している。

 インテルとの資本提携に関する報道を行ったのは毎日新聞。だが記事をよく読むと「シャープが、米インテルと資本提携に向けて交渉を進めていることが分かった」としか書いておらず、ニュースソースが明らかになっていない。毎日は一応シャープ広報室にも取材を入れており、シャープ広報室は「知らない」と答えたと掲載している。

 察するに、シャープ社員の誰かが匿名でインテルとの交渉について毎日に漏らし、毎日がそれをそのまま書いた、といったところだろう。
 情報源を秘匿し、情報提供者を守るのはマスコミの使命だ。だがどのようなルートからの情報であるのかすら開示しないのでは、それはニュースとはいえない。この記事はそれについてまったく触れていないので、本来は記事になるようなシロモノではない(たとえそれが事実であっても)。

 これに対してロイターの記事は秀逸だ。毎日がニュースソースを特定せずに記事を掲載している旨に言及し、シャープの広報担当者とインテルの広報担当者に取材を入れ、両社の広報担当者のコメントを実名入りで掲載している。地味な記事だが、現状で分かる範囲の事実関係をきちっと押さえている。

 そもそも企業の広報担当者として「知らない」というコメントはあり得ない。「社」として知らないのか「個人的に知らない」のか? 社として知らないというなら、それは交渉をしていないということと同じであり、もしそうであれば「交渉したという事実はない」とコメントすべきである。
 もしそのようなふざけたコメントを出されたら、「ふざけたコメントが出された」とメディアは書くべきだ。
 ロイターの記事には、「インテルとの提携を進めているという報道について、広報担当者は否定した」と書かれている。外国のメディアには「知らない」とは答えていないようだ。

 日本のマスコミはツメが甘い。ツメが甘いから企業の広報にナメられる。だが、企業の広報担当者も、日本のメディアには居丈高に振る舞うが、外国メディアにはめっぽう弱く、いつもヘコヘコしている。日本のマスコミの企業や役所との関係は、卑屈な日本社会の縮図そのものなのだ。

 日本のマスコミは、いつまで企業の広報や役人にブラ下がって、情報のおこぼれをもらうような乞食取材を続ける気なのだろうか?

 - マスコミ, 経済

  関連記事

frb
予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる

 米労働省は7月5日、6月の雇用統計を発表した。失業率は7.6%と横ばいだったも …

bitcoin
日本でもビットコインがようやく準通貨として認定。利用者保護や市場拡大に期待

 ビットコインなどインターネットで流通する仮想通貨について、「モノ」ではなく「通 …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

frb
FRBが正式に量的緩和策の終了を決定。米国経済は新しい局面を迎えた

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委 …

IMF201607
IMFが世界経済の最新見通し。英国離脱も意外と景気は底堅い?

 IMF(国際通貨基金)は2016年7月19日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

tokyowan
10~12月期GDPはマイナス成長。打つ手がなく、日本経済はいよいよ袋小路に

 内閣府は2016年2月15日、2015年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

tosho05
新しい増資手段ライツイシューに規制?制度を生かすも殺すも、最後は投資家次第

 既存の株主に対して新株購入の権利を割り当てる「ライツイシュー」の審査が厳格化さ …

benesse
ベネッセ新社長がわずか3カ月で辞任。同社経営をめぐって創業家が混乱?

 教育大手ベネッセホールディングスが迷走している。プロ経営者であった原田泳幸氏の …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

shohishacho
消費者庁がTV通販会社に改善命令。横並びすら出来ないマスコミ各社のお粗末報道

 消費者庁は29日、健康食品「飲まなく茶」を販売しているネイチャーウェイ株式会社 …