ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

3月の景気ウォッチャー調査は5カ月連続で上昇。中小企業はまだそれを実感できない?

 

 内閣府は4月8日、3月の景気ウォッチャー調査(街角景気)の結果を発表した。景気の現状を示す「現状判断DI」は、前月比4.1ポイント上昇の57.3となり5か月連続で上昇した。わずか数カ月前には、40を切っていた数値が60に近づこうとしており、景気回復の実感が急拡大していることを伺わせる。

 景気ウォッチャー調査は、俗に街角景気といわれているもので、タクシー運転手、娯楽施設の従業員、派遣社員など、景気動向を肌で感じる職業の人に景況感をヒアリングして指数化したもの。マクロ経済の世界では景気の先行指標といわれており、今後の景気動向を予測する上では非常に重要視されている。

 内訳を見ると、小売、飲食、サービス、住宅の各項目で数値が上昇しており、景況感の回復はあらゆる業態に及んでいることが分かる。また企業動向の項目についても、製造業、非製造業ともにプラスとなった。

 年明け以降、百貨店などでは高級品を中心に売り上げが増大しており、株高を背景にした富裕層の消費が伸びていることはよく知られていた。だが景気ウォッチャー調査の結果が3月も好調であることを考えると、アベノミクスの効果は中間層にも及び始めたと見てよいだろう。

 ただしこれはあくまでも街角景気の調査結果であり、景気の一つの側面を表わしているに過ぎない。4月1日に日銀が発表した3月の企業短期経済観測調査(いわゆる短観)では、大企業は製造業、非製造業とも景況感が改善したが、中小企業(製造業)は逆に悪化していることが明らかとなっている(本誌記事「日銀が3月の短観を発表。アベノミクスも結局は米国頼み」参照)。
 製造業の分野は、自動車産業以外では、設備投資に対する意欲がまったく伸びておらず、頼みの綱であった中国からの受注も減少の一途を辿っている。

 日本は産業構造の転換が進み始めているとはいえ、基本的には製造業中心の社会である。中小の製造業における景況感が回復しないと、国民全体として景気回復を実感できるようにはならないだろう。
 アベノミクスによって、株高と円安はとりあえず実現することができた。今後はこの動きをいかにして製造業の業績改善につなげられるかがカギとなってくる。

 - 経済

  関連記事

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …

shukinpeihouei2015
習近平国家主席の訪英。とうとう英国原発の中国丸投げについて最終合意

 英国を訪問中の中国の習近平国家主席と英国のキャメロン首相は2015年10月21 …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

gehongyo
GEが金融資産大量売却で本業回帰を加速。背景には絶好調な米経済

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2015年4月10日、同社の金融部門が保有 …