ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

3月の景気ウォッチャー調査は5カ月連続で上昇。中小企業はまだそれを実感できない?

 

 内閣府は4月8日、3月の景気ウォッチャー調査(街角景気)の結果を発表した。景気の現状を示す「現状判断DI」は、前月比4.1ポイント上昇の57.3となり5か月連続で上昇した。わずか数カ月前には、40を切っていた数値が60に近づこうとしており、景気回復の実感が急拡大していることを伺わせる。

 景気ウォッチャー調査は、俗に街角景気といわれているもので、タクシー運転手、娯楽施設の従業員、派遣社員など、景気動向を肌で感じる職業の人に景況感をヒアリングして指数化したもの。マクロ経済の世界では景気の先行指標といわれており、今後の景気動向を予測する上では非常に重要視されている。

 内訳を見ると、小売、飲食、サービス、住宅の各項目で数値が上昇しており、景況感の回復はあらゆる業態に及んでいることが分かる。また企業動向の項目についても、製造業、非製造業ともにプラスとなった。

 年明け以降、百貨店などでは高級品を中心に売り上げが増大しており、株高を背景にした富裕層の消費が伸びていることはよく知られていた。だが景気ウォッチャー調査の結果が3月も好調であることを考えると、アベノミクスの効果は中間層にも及び始めたと見てよいだろう。

 ただしこれはあくまでも街角景気の調査結果であり、景気の一つの側面を表わしているに過ぎない。4月1日に日銀が発表した3月の企業短期経済観測調査(いわゆる短観)では、大企業は製造業、非製造業とも景況感が改善したが、中小企業(製造業)は逆に悪化していることが明らかとなっている(本誌記事「日銀が3月の短観を発表。アベノミクスも結局は米国頼み」参照)。
 製造業の分野は、自動車産業以外では、設備投資に対する意欲がまったく伸びておらず、頼みの綱であった中国からの受注も減少の一途を辿っている。

 日本は産業構造の転換が進み始めているとはいえ、基本的には製造業中心の社会である。中小の製造業における景況感が回復しないと、国民全体として景気回復を実感できるようにはならないだろう。
 アベノミクスによって、株高と円安はとりあえず実現することができた。今後はこの動きをいかにして製造業の業績改善につなげられるかがカギとなってくる。

 - 経済

  関連記事

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

netflix
動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9 …

nissangone02
日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これま …

ieren201409
FRBが「忍耐強く」の表現を削除。利上げは予定通りで、利上げ幅は極小との観測も

  米FRB(連邦準備制度理事会)は2015年3月18日、FOMC(連邦公開市場 …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

usakoyoutoukei201401
米1月の雇用統計は今ひとつ。失業保険給付打ち切りが失業率を下げた可能性が高い

 米労働省は2014年2月7日、1月の雇用統計を発表した。先月の雇用統計があまり …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …

reit201405
インフレ期待からREITの値動きが好調。一部からはプチ・バブル化懸念の声も

 REIT(不動産投資信託)の値動きが堅調だ。このところ日経平均は低迷が続いてい …