ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米軍がとうとうレーザー兵器を本格配備。圧倒的な低コストで戦争の光景が変わる?

 

 米海軍は4月8日、現在開発中のレーザー兵器を来年にもペルシャ湾に展開する艦船に配備する計画であることを明らかにした。

 レーザー兵器は1990年代後半から開発が進められてきたもので、高いエネルギーの赤外線レーザー光線を敵機に照射して撃墜するというもの。商用のレーザーファイバーを使って開発されたという。
 2012年夏にはカリフォルニア州サンディエゴの海軍基地で、実際に駆逐艦に兵器を搭載し、無人機を撃墜するテストを行ってきた。レーザー照射後数秒で機体は破壊された。

 レーザー兵器と聞くと何やら恐ろしげだが、この兵器の特徴は何と言ってもその安さと簡便さにある。ミサイルと異なり弾道計算の必要がなく、瞬時にピンポイントで攻撃することができる。またレーザーの照射コストは1回1ドル以下と極めて安価であり、1発1億円コストがかかる迎撃ミサイルと比較すると圧倒的なコストパフォーマンスがある。

 米海軍は現在、艦船に近付く敵機を撃墜する最終手段としてコンピュータ制御された高速機関砲システムである「ファランクス」を装備している。レーザー兵器をファランクス・システムと連携させることで、より高度な防御システムを構築したい考えだ。

 もっともレーザー兵器にも弱点はある。基本的に光なので「見通し」(地平線の範囲)でしか兵器を使用することができない、砂やほこり、水蒸気に弱く悪天候では使いにくい、などである。だがそれらのマイナス点を補っても、圧倒的なコストの安さが大きいという。

 近年、IT化の進展やテクノロジーのオープン化によって、兵器のコストが劇的に下がってきている。無人機がもっともよい例だが、安価に実現できる分、その運用のハードルは下がる一方だ。安価なハイテク兵器の普及には、多くの批判が寄せられるだろうが、この流れを止めることは難しいと思われる。

 ちなみに日本では同様のレーザー兵器について、防衛省の技術研究本部(技本)が中心となって研究開発を進めているが、まだ実戦配備の具体的計画はない。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

no image
中国の歴史教育は非常に安直。だが一方で市民の知恵も高まってきている

 中国が反日的で安直な歴史教育をしていることはよく知られている。だが一方では、な …

lagard
IMFのラガルド専務理事が仏当局から家宅捜索と事情聴取。またもや権力闘争か?

 IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事がフランスの司法当局から、フランス経済 …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

appledidi
アップルが中国配車アプリ大手に出資。今後の成長のカギは結局、自動運転?

 米アップルが中国の配車アプリ最大手「滴滴」(ディディ)に10億ドル(約1100 …

wavii
マスコミの記者も失業?グーグルやヤフーがニュース要約技術などを次々に買収

 米グーグルが、ニュース要約アプリを手掛ける米Waviiを3000万ドル(約29 …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

obamashukinpei01
米中首脳会談が終了。新しい大国関係構築の長い交渉がスタートした

 オバマ大統領と習近平国家主席は6月8日、2日間にわたる首脳会談の日程を終了した …

enzetsu
2期目を迎えたオバマ大統領の就任式。その日のスケジュールを全公開

 オバマ米大統領の2期目の就任式が21日首都ワシントンで開催された。 オバマ大統 …

obamaorando2014
オランド仏大統領が訪米。事実婚解消による単身渡米で盛り上がりは今ひとつ

 フランスのオランド大統領は2014年2月11日、米国を訪問しオバマ大統領と首脳 …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …