ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

プーチン大統領の独裁に抗議してトップレス女が乱入。メルケルは驚いたが本人は余裕

 

 ドイツを訪問中のプーチン露大統領の前にトップレスの女性が現れ、プーチン大統領の独裁に対して抗議するというハプニングが起こった。

 トップレスの女性が現れたのは、ハノーバーで開かれていた見本市をプーチン大統領とメルケル首相が見学していた最中。
 女性の突然の抗議にメルケル首相は驚いた様子を見せたが、肝心のプーチン大統領は親指を立てておどけた表情。両首脳にケガなどはなく、トップレスの女性はすぐに連行された。

 プーチン大統領は大統領に再選後、さらに独裁色を強めており、プーチン体制を批判するジャーナリストや文化人には圧力が加えられている。3月には体制に批判的だった亡命ロシア人富豪が不審死するという事件も起こっている(本誌記事「プーチン大統領と敵対する亡命ロシア人富豪が死亡。暗殺ではなく自殺といわれているが」参照)。

 ドイツとの関係では、ロシア国内にあるドイツなど諸外国のNGO組織が、外国から不正な資金を受け取っている可能性があるとして、ロシア当局が監視を強化しており、ドイツ国内の一部からは批判が出ている。
 メルケル首相は、プーチン大統領との会談において「ロシアでは市民社会の活性化が進む必要がある」との見方を示し、NGOに対する監視について懸念を表明した。

  だがメルケル首相のロシアに対する批判も、かなり通り一遍のように見える。そもそもプーチン大統領がドイツを訪問しているのは、ロシアとドイツは、双方にとって重要な貿易相手国だからである。メルケル首相は本気でロシアの非民主的な体制を批判しているわけではないのだ。

 ドイツは中国に対しても同様である。中国はドイツにとってアジアで最も有力な顧客となっている。また中国の自動車産業もドイツ企業との関係が密接だ。
 胡錦濤前国家主席の時代、メルケル首相は中国を訪問し、エアバス機の大量受注に成功している。この訪問ではチベットの人権問題についてはまったく触れられなかった。

 ドイツは、人権や民主主義にうるさいというイメージがあるが、ビジネスを前にすると、ある意味でドイツは完全に二枚舌になる(本誌記事「シェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦」参照)。
 プーチン大統領のトップレス女性に対するおどけたポーズは、こういった事情を理解した上での余裕さから来ているのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

iryouhi
自業自得患者の自己負担を上げれば医療財政が改善できるというのはまったくの幻想

 テレビ局の元アナウンサーがブログで「自業自得の人工透析患者なんて全員実費負担に …

hinkleypoint
原発の建設・運用を外国に丸投げする、核保有国イギリスの決断をどう考えるべきか?

 英国が次世代原発の運営事業に対して中国企業による過半数の出資を認めたことが大き …

nichigin02
日銀が今回の決定会合で追加緩和に言及しなかった理由

 日銀は2014年1月22日、金融政策決定会合を開催し、昨年4月から実施している …

sengyoshufu
日本女性の満足度は高いというOECDの調査結果。男女平等と幸福の関係は?

 安倍政権は成長戦略の一環として女性活用を大々的に掲げており、配偶者控除の見直し …

tu-95
ロシア軍機がグアム上空を威嚇飛行。これは尖閣問題と完全にリンクしている

 米太平洋軍は、ロシア空軍の航空機がグアム島近辺の上空を旋回し、米軍のF-15戦 …

shalegas
米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?

 東京電力は6日、米国産の安価なシェールガスを年間200万トン確保したと発表した …

George Washington
無意味な米兵の外出禁止令。問題の本質を隠す意図があるのでは?

 在日米軍兵士による事件が相次いでいることを受けて、在日米軍では外出禁止に加えて …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

kaikeikensain
会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収 …

higasi
東国原氏が下半身記事で週刊文春を提訴。今更名誉毀損でもないでしょ!

 東国原英夫・前宮崎県知事が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の …