ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

プーチン大統領の独裁に抗議してトップレス女が乱入。メルケルは驚いたが本人は余裕

 

 ドイツを訪問中のプーチン露大統領の前にトップレスの女性が現れ、プーチン大統領の独裁に対して抗議するというハプニングが起こった。

 トップレスの女性が現れたのは、ハノーバーで開かれていた見本市をプーチン大統領とメルケル首相が見学していた最中。
 女性の突然の抗議にメルケル首相は驚いた様子を見せたが、肝心のプーチン大統領は親指を立てておどけた表情。両首脳にケガなどはなく、トップレスの女性はすぐに連行された。

 プーチン大統領は大統領に再選後、さらに独裁色を強めており、プーチン体制を批判するジャーナリストや文化人には圧力が加えられている。3月には体制に批判的だった亡命ロシア人富豪が不審死するという事件も起こっている(本誌記事「プーチン大統領と敵対する亡命ロシア人富豪が死亡。暗殺ではなく自殺といわれているが」参照)。

 ドイツとの関係では、ロシア国内にあるドイツなど諸外国のNGO組織が、外国から不正な資金を受け取っている可能性があるとして、ロシア当局が監視を強化しており、ドイツ国内の一部からは批判が出ている。
 メルケル首相は、プーチン大統領との会談において「ロシアでは市民社会の活性化が進む必要がある」との見方を示し、NGOに対する監視について懸念を表明した。

  だがメルケル首相のロシアに対する批判も、かなり通り一遍のように見える。そもそもプーチン大統領がドイツを訪問しているのは、ロシアとドイツは、双方にとって重要な貿易相手国だからである。メルケル首相は本気でロシアの非民主的な体制を批判しているわけではないのだ。

 ドイツは中国に対しても同様である。中国はドイツにとってアジアで最も有力な顧客となっている。また中国の自動車産業もドイツ企業との関係が密接だ。
 胡錦濤前国家主席の時代、メルケル首相は中国を訪問し、エアバス機の大量受注に成功している。この訪問ではチベットの人権問題についてはまったく触れられなかった。

 ドイツは、人権や民主主義にうるさいというイメージがあるが、ビジネスを前にすると、ある意味でドイツは完全に二枚舌になる(本誌記事「シェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦」参照)。
 プーチン大統領のトップレス女性に対するおどけたポーズは、こういった事情を理解した上での余裕さから来ているのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

pakucongress
産経ソウル前支局長無罪判決が、極めて妥当かつ民主的である理由

 韓国のソウル中央地方裁判所は2015年12月17日、朴槿恵大統領の名誉を傷つけ …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

aso03
麻生財務省のナチス発言に見る、自民党中枢部の感覚の「古さ」

 憲法改正をめぐって麻生財務相が「ナチスの手口を学ぶべき」という趣旨の発言をした …

mof05
2015年度予算は過去最大だが、歳出抑制に向けて舵を切り始めた内容

 政府は2015年1月14日、2015年度予算案を閣議決定した。予算総額は過去最 …

pachinko
生活保護受給者のパチンコを制限する小野市の条例から見えてくるもの

 生活保護を受ける人たちがパチンコやギャンブルに浪費しているのを見つけた市民に通 …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

masuzoe
舛添知事の豪華旅行に批判殺到。だが公務員の厚遇は国民が求めてきた結果ともいえる

 舛添要一東京都知事の高すぎる海外出張経費が問題視されている。ファーストクラス利 …

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …

no image
米国議会が日本は尖閣諸島の行政権のみを保有と表明。だが特に目新しい話ではない

 朝鮮日報が、日中が領有権を争う尖閣諸島について、米国が日本に対して領有権ではな …