ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧米の国債利回りが急低下。実は日銀による外債購入まで織り込まれている?

 

 日銀の量的緩和拡大が欧米の債権市場に大きな影響を与えている。政策決定会合が行われた4月4日以降、フランス国債や米国債が買い進まれ、利回りは急低下した(債券価格は上昇)。政策決定会合前には2%台だったフランス国債の利回りは、決定会合後には1.751%に低下した。米国債も同様で、1.8%台だった利回りが8日には1.7%台に低下している。

 欧米の債券が買われたのは、日銀の量的緩和策の拡大によって、日本の外債購入が増加するでのはないかとの思惑からだ。

 日銀は今後、年間60兆円から70兆円の国債を購入することになる。理論上は日本の国債発行市場のほとんどが日銀の買いで占拠されることになり、金融機関は購入する商品がなくなってしまう。
 また金利の急低下が見込まれることから、運用難になることが予想されるため、最終的には外国債券に資金がシフトするのではないかと市場関係者は注目しているわけだ。

 ただ、実際に外債に資金がシフトしていくのかは微妙だ。実は日本の機関投資家はすでに可能な範囲で外債の購入割合を増やしている。これ以上、外債の割合を高めるとなると、ポートフォリオ全体のバランスが変わってくることになり、これは投資戦略の根本的な変更になってしまう。これを決断するには、かなりの時間がかかることが予想される。

  それでは、現在買い進まれている欧米の国債は単なる短期的な思惑買いなのかというと必ずしもそうではなさそうだ。市場関係者の一部は、外債購入を積極的に行う大本命として日銀そのものを想定しているからである。

 日銀の黒田総裁はこれまで重ねて外債の購入については否定的見解を示してきた。諸外国から為替操作と認定されるリスクがあるというのがその主な理由である。
 だが、欧米各国、特に米国債の積極的な買い手として日本が位置付られるとすれば、為替操作というレッテルが貼られるリスクは少なくなる。しかも、日本側にはもともと米国債を積極的に購入して米国の歓心を買いたいという政治的土壌がある。

 日銀が積極的に外債を購入すると宣言した場合のアナウンスメント効果は絶大である。次のサプライズとして着々と準備が進められているのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …

apple2016q2
iPhone初の販売台数減少でアップルは減収減益。だが市場の注目はすでに次のフェーズに

 これまで快進撃を続けてきたアップルがとうとう減収減益の決算を発表した。ただ、中 …

kosakukiki
1月の機械受注は反動で大幅増。全体にブレが大きくなりトレンドが不明確に

 内閣府は2014年3月13日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …

nyse
ダウが最高値更新。間違っているのは金利なのか株価なのか?

 量的緩和の縮小が進む米国で、思いのほか金利が上がらないという状況が続いている。 …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

softbankken
ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通 …

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …