ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧米の国債利回りが急低下。実は日銀による外債購入まで織り込まれている?

 

 日銀の量的緩和拡大が欧米の債権市場に大きな影響を与えている。政策決定会合が行われた4月4日以降、フランス国債や米国債が買い進まれ、利回りは急低下した(債券価格は上昇)。政策決定会合前には2%台だったフランス国債の利回りは、決定会合後には1.751%に低下した。米国債も同様で、1.8%台だった利回りが8日には1.7%台に低下している。

 欧米の債券が買われたのは、日銀の量的緩和策の拡大によって、日本の外債購入が増加するでのはないかとの思惑からだ。

 日銀は今後、年間60兆円から70兆円の国債を購入することになる。理論上は日本の国債発行市場のほとんどが日銀の買いで占拠されることになり、金融機関は購入する商品がなくなってしまう。
 また金利の急低下が見込まれることから、運用難になることが予想されるため、最終的には外国債券に資金がシフトするのではないかと市場関係者は注目しているわけだ。

 ただ、実際に外債に資金がシフトしていくのかは微妙だ。実は日本の機関投資家はすでに可能な範囲で外債の購入割合を増やしている。これ以上、外債の割合を高めるとなると、ポートフォリオ全体のバランスが変わってくることになり、これは投資戦略の根本的な変更になってしまう。これを決断するには、かなりの時間がかかることが予想される。

  それでは、現在買い進まれている欧米の国債は単なる短期的な思惑買いなのかというと必ずしもそうではなさそうだ。市場関係者の一部は、外債購入を積極的に行う大本命として日銀そのものを想定しているからである。

 日銀の黒田総裁はこれまで重ねて外債の購入については否定的見解を示してきた。諸外国から為替操作と認定されるリスクがあるというのがその主な理由である。
 だが、欧米各国、特に米国債の積極的な買い手として日本が位置付られるとすれば、為替操作というレッテルが貼られるリスクは少なくなる。しかも、日本側にはもともと米国債を積極的に購入して米国の歓心を買いたいという政治的土壌がある。

 日銀が積極的に外債を購入すると宣言した場合のアナウンスメント効果は絶大である。次のサプライズとして着々と準備が進められているのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

machikado
景気の現状分析。アベノミクスは個人消費を刺激しているが、製造業は依然厳しい状況

 アベノミクスによる株高で日本経済に対する期待感が広がっているが、足元の景気の実 …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

imf201610
IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年 …

newyork02
それほど悪くなった米国の7~9月期GDP。利上げは可能との判断が増える

 米商務省は2015年10月29日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速 …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …

googlehead
グーグルは成長鈍化でいよいよ普通の会社へ。資本政策などの転換も必要?

 ネット検索大手米グーグルは2014年10月16日、2014年7~9月期の決算を …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …

softbankson02
ソフトバンクの孫社長が後継者を指名。通信事業から再びネット事業に回帰?

 ソフトバンクは2015年5月11日、2015年3月期の決算を発表した。出資する …

ecb201506
ドイツと米国の金利が急上昇。金利正常化プロセスなのか市場の混乱か?

 このところ各国の金利が急上昇している。4月中旬にはゼロ%まで近づいたドイツの長 …