ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

最近のアジアへの移住ブーム。以前とはだいぶ様子が違ってきている

 

 アベノミクスが効果を上げてきていることから、日本の将来を楽観視する声も聞こえ始めている。だが一方で、日本の将来を見限り、アジアなど海外に移住する人も着実に増えてきている。タイやカンボジアなどではちょっとした日本人の移住ブームが起こっている。

 これまでも海外移住がブームになったことはあったが、従来の海外移住は、年金をもらえる高齢者が中心であった。
 圧倒的な円高を背景に、日本では平均的な水準の生活しかできなくても、物価の安いアジアに行けばレベルの高い暮らしが可能になるというわけだ。
 もっとも、ごくわずかな年金収入だけを頼りに外国で生活しようというのは、少々安易な考えともいえる。結局は現地になじめず日本に舞い戻ってしまった人も多く、移住は小さなブームで終わっていた。

 だが最近の移住ブームを引っ張っているのは、高齢者ではなく年齢層が若い人たちだ。10年以上前からタイで生活しているKさんは、ここ数年で日本から移住してくる人が変わってきたと話す。Bさんはソフトウェアのプログラマで、日本から仕事を受注してタイで生活してきた。現地には日本人が働ける場所はほとんどなかったからである。
 だが最近では、タイやカンボジアなどには完璧な日本人コミュニティが出来上がり、コミュニティ内部で仕事が生まれるようになってきた。現地に住む日本人を相手にした不動産仲介や日本企業との窓口業務など、日本である程度のビジネス経験があれば、現地で職を探すことも可能になってきている。

 このような環境の変化を背景に、日本から仕事をもらうのではなく、最初から外国で働くことを目的に移住する人が増えてきているという。
 確かになかなか就職ができない日本でくすぶっているよりも、経済が拡大しているアジアで仕事を探す方が合理的といえば合理的である。現地で生活するのであれば、給料の絶対額の違いはあまり気にならないし、今後、円安が進行すれば、給料の違いも縮小してくるだろう。

 もちろん、バラ色の話ばかりではない。中国を含めアジア各国のビザ発給条件は今のところかなり曖昧である。だが、今は厳格な基準が適用されていない国であっても、将来にわたって状況が同じである保証はない。経済水準が上昇するにつれて、移民に対する審査や取り扱いは厳しくなるのが一般的だ。今は夢の国と呼ばれているところも10年後は分からないのである。

 日本は高齢化が進んできており、現在の若者が働き盛りになった時には、より多くの高齢者を負担しなければならない。今のところ少子化対策はうまくいっていないが、逆に少子化対策が効果を上げてしまうと、今度は若年層人口も増えることになり、この世代の負担がさらに増大する可能性もある(本誌記事「日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果?」参照)。
 このような状況で、海外への移住が顕著になってくれば、海外移住も政治問題に浮上してくる可能性がある。もしそうなれば、移民の受け入れという、これまで日本人が避けてきた問題に直面することになるのかもしれない。

 - 社会, 経済

  関連記事

nenkinmanga
年金の世代間格差に言及した厚労省の漫画に批判が殺到

 厚生労働省がWebサイトに掲載している年金に関する漫画が注目を集めている。若年 …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …

goan
10億の報酬をもらうゴーン氏。だが仏本国では世論に配慮し少額しかもらっていない

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は6月25日に開催された株主総会で、2013年 …

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …

jogmec
メタンハイドレートから天然ガスの採取に成功。だがあえて厳しいことを言えば・・・

 政府は3月12日、愛知・三重県沖の海底にある「メタンハイドレート」から天然ガス …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …

doller
生保が外債投資に一斉シフトという報道は本当か?実際のペースはかなり現実的

 日本生命保険は4月22日、2113年度の資産運用計画を発表した。日銀による異次 …