ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

銀行の貸出が増加中。ただしこの傾向は昨年からで、アベノミクスの効果なのかは不明

 

 全国銀行協会は4月9日、3月末の全国銀行預金・貸出金速報を発表した。全国の銀行117行の貸出残高は前年同月比2.4%増、前月比1.7%増の436兆1484億円だった。伸び率は前月より0.1%拡大しており、2009年7月以来の高さとなった。

 市場関係者は、アベノミクスの成果がどの程度、実体経済に反映されているのかについて強く意識しており、銀行の貸出残高や小売店の販売動向などに注目している。

 今回の貸出残高の増加は確かに従来よりも大きな伸びとなっているが、アベノミクスの効果が表れたと判断するにはまだ少々早い。
 意外なことだが、銀行の貸出残高は2012年の前半からかなりのペースで伸びてきている。伸び率に加速がついてきている面はあるが、このトレンドは今に始まったことではないのだ。

 銀行の貸出が昨年から伸びてきたのは、個人向け住宅ローンを銀行が強化したことと、自治体向け融資が増えていることが主な原因である。
 住宅ローンについては、消費税の増税前に住宅を購入してしまおうという層が増えていることや、低金利が背景となっており、いわば官が作りだした需用といえる。自治体向けの融資は、国からの借金を民間に振り替える制度による特需という面が大きく、こちらも官製需要である。

 一方企業の設備投資向け融資は横ばいが続き、中小企業向けの融資は減少する一方である。3月の貸出増加も大企業のM&A資金の増加が中心で「お金が回っている感じはしない」(メガバンク行員)というのが実情だ。
 ただ、明るいきざしも見えてきている。アベノミクスによるインフレ期待を背景にREIT(不動産投資信託)価格が急上昇し、多くのREITが増資を行っている(本誌記事「REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?」参照)。今年に入ってからREIT向けの融資は着実に増えてきており、これはアベノミクスの効果といってよいだろう。

 今年の夏ごろまでに設備投資向けの融資や不動産向け融資が大きく伸びてくるようであれば、アベノミクスもホンモノといえる。

 - 経済

  関連記事

detacenta
米IT企業の株価に潮目の変化?クラウドが基幹システム分野にシフト

 米国IT企業の株価に質的変化が起きている。一部のIT企業の株価が7~9月期決算 …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

hmv
英国でHMVが破綻、90年以上の歴史に幕。日本と異なりAKBがいないので復活困難か?

 英国の音楽ソフト販売大手HMVグループは14日、破綻を宣言した。すでに管財人を …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

teninjikyu
カリフォルニア州の最低賃金は1700円へ。日本は人手不足なのに賃金下落の不思議

 米カリフォルニア州議会は2016年3月28日、最低賃金(時給)を15ドル(17 …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …

kabuka
論点整理。英国のEU離脱が世界経済に与える影響は3段階ある

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票で、離脱派が予想外の勝利を …

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …