ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

銀行の貸出が増加中。ただしこの傾向は昨年からで、アベノミクスの効果なのかは不明

 

 全国銀行協会は4月9日、3月末の全国銀行預金・貸出金速報を発表した。全国の銀行117行の貸出残高は前年同月比2.4%増、前月比1.7%増の436兆1484億円だった。伸び率は前月より0.1%拡大しており、2009年7月以来の高さとなった。

 市場関係者は、アベノミクスの成果がどの程度、実体経済に反映されているのかについて強く意識しており、銀行の貸出残高や小売店の販売動向などに注目している。

 今回の貸出残高の増加は確かに従来よりも大きな伸びとなっているが、アベノミクスの効果が表れたと判断するにはまだ少々早い。
 意外なことだが、銀行の貸出残高は2012年の前半からかなりのペースで伸びてきている。伸び率に加速がついてきている面はあるが、このトレンドは今に始まったことではないのだ。

 銀行の貸出が昨年から伸びてきたのは、個人向け住宅ローンを銀行が強化したことと、自治体向け融資が増えていることが主な原因である。
 住宅ローンについては、消費税の増税前に住宅を購入してしまおうという層が増えていることや、低金利が背景となっており、いわば官が作りだした需用といえる。自治体向けの融資は、国からの借金を民間に振り替える制度による特需という面が大きく、こちらも官製需要である。

 一方企業の設備投資向け融資は横ばいが続き、中小企業向けの融資は減少する一方である。3月の貸出増加も大企業のM&A資金の増加が中心で「お金が回っている感じはしない」(メガバンク行員)というのが実情だ。
 ただ、明るいきざしも見えてきている。アベノミクスによるインフレ期待を背景にREIT(不動産投資信託)価格が急上昇し、多くのREITが増資を行っている(本誌記事「REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?」参照)。今年に入ってからREIT向けの融資は着実に増えてきており、これはアベノミクスの効果といってよいだろう。

 今年の夏ごろまでに設備投資向けの融資や不動産向け融資が大きく伸びてくるようであれば、アベノミクスもホンモノといえる。

 - 経済

  関連記事

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

no image
シャープは初めての経験に右往左往。コンサルはやりたい放題

 シャープは現在、金融機関からの支援を獲得するために、リストラ案を策定している真 …

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

wallst02
8月の雇用統計は市場予想を下回るもまずまず。9月緩和縮小の可能性は引き続き高い

 米FRB(連邦準備制度理事会)における緩和縮小の判断材料となる最新経済指標がほ …

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …

no image
シャープとインテルが提携という報道をめぐって、海外メディアとのレベルの差が露呈

 シャープがインテルと資本提携を模索しているとの報道をめぐり、日本のマスコミのダ …