ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

銀行の貸出が増加中。ただしこの傾向は昨年からで、アベノミクスの効果なのかは不明

 

 全国銀行協会は4月9日、3月末の全国銀行預金・貸出金速報を発表した。全国の銀行117行の貸出残高は前年同月比2.4%増、前月比1.7%増の436兆1484億円だった。伸び率は前月より0.1%拡大しており、2009年7月以来の高さとなった。

 市場関係者は、アベノミクスの成果がどの程度、実体経済に反映されているのかについて強く意識しており、銀行の貸出残高や小売店の販売動向などに注目している。

 今回の貸出残高の増加は確かに従来よりも大きな伸びとなっているが、アベノミクスの効果が表れたと判断するにはまだ少々早い。
 意外なことだが、銀行の貸出残高は2012年の前半からかなりのペースで伸びてきている。伸び率に加速がついてきている面はあるが、このトレンドは今に始まったことではないのだ。

 銀行の貸出が昨年から伸びてきたのは、個人向け住宅ローンを銀行が強化したことと、自治体向け融資が増えていることが主な原因である。
 住宅ローンについては、消費税の増税前に住宅を購入してしまおうという層が増えていることや、低金利が背景となっており、いわば官が作りだした需用といえる。自治体向けの融資は、国からの借金を民間に振り替える制度による特需という面が大きく、こちらも官製需要である。

 一方企業の設備投資向け融資は横ばいが続き、中小企業向けの融資は減少する一方である。3月の貸出増加も大企業のM&A資金の増加が中心で「お金が回っている感じはしない」(メガバンク行員)というのが実情だ。
 ただ、明るいきざしも見えてきている。アベノミクスによるインフレ期待を背景にREIT(不動産投資信託)価格が急上昇し、多くのREITが増資を行っている(本誌記事「REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?」参照)。今年に入ってからREIT向けの融資は着実に増えてきており、これはアベノミクスの効果といってよいだろう。

 今年の夏ごろまでに設備投資向けの融資や不動産向け融資が大きく伸びてくるようであれば、アベノミクスもホンモノといえる。

 - 経済

  関連記事

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

keidanrenbiru
影響力低下が著しい経団連。天下国家論ではなく、特定業種の利益を代弁

 このところ経団連の影響力低下が著しい。かつては政界に絶大な影響力を行使し、経団 …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

woldorfastoria
NYの超名門ホテルが中国企業に売却。だが運営の実態は変わらず

 ホテル運営大手のヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスは2014年10月6 …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …

sbtakasago
ソフトバンクが電力小売に向け本格始動。電力自由化の本当の意味とは?

 ソフトバンク・グループが電力事業に向けて本格的に動き出した。2014年2月17 …