ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

現役世代の負担増はやむを得ないとする厚労省の調査結果に、疑問の声が大噴出

 

 社会保障負担の世代間格差について、高齢者・現役世代の別なく負担の増加を受け入れるべきと考える人が過半数を超えたという、厚生労働白書のアンケート結果に疑問の声が出ている。

 問題となっているアンケートは平成24年版厚生労働白書の作成に用いるために今年2月に実施したもの。アンケート結果をもとに厚生労働白書では、世代間格差はやむを得ないことであり、現行の年金制度を維持すべきとのトーンを全面に押し出している。

 だが調査内容をよく見ると、質問内容が誘導尋問的になっており、結果がこうなるのは明らか。しかも調査結果を詳細に分析すると、年齢が上がるにしたがって、高齢者には負担増加は求めるべきではなく、現役世代が負担すべきという回答が増加している。

 実際の結論はまるで反対で、高齢者は自分達の負担増を拒否し、若い人にすべて押し付けようとしており、若い世代はこれを拒否している構図が明白である。

 ではなぜこの構図を厚労省は隠すのか?

 話は簡単。厚労省の役人にとっては現状制度を維持し、利権を確保することしか関心がないから。
 どの世代が得してどの世代が損するかなど、彼らにとってはどうでもよいのだ。世代間格差の議論が盛り上がってしまうと年金改革に直結する。これが彼らがもっとも避けたい事態なのである。

 自分達は国民年金や厚生年金とはまったく別の、独立した手厚い年金(公務員共済)で支えられている。下手に年金改革に議論に火が付くと、共済との統合が議題に上ってしまうのだ。こうなると破格においしい自分達の年金が減らされ、贅沢三昧の老後が送れなくなってしまう。これを守るためであれば、何でもするのが役人だ。

 もういい加減、国民も見て見ぬふりはやめるべきだろう。現実問題として日本は国際競争力を失い、急速に貧しくなってきている。現状の年金制度を維持する能力はすでに失われているのだ。いい悪いの問題ではなく、制度そのものが維持できないのである。

 グローバルな競争社会を拒否し、ガラパゴスな道を選択したのは日本人自身である。その結果としての貧困は、全員が一律に甘んじて受け入れなければならない。

 - 社会

  関連記事

yarigai
日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンク …

kanntei
薬のネット解禁判決に対抗して政府は薬事法改正を画策。日本に「法の支配」は存在しない

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を禁止した厚生労働省令は違法だとして …

nichibeikokki
米国人の対日世論調査の結果。一般人と有識者で隔たりも

 外務省は2014年11月7日、米国における対日世論調査の結果を発表した。調査は …

vaticanheri
体育会系にミュージシャンにTV司会者。次期ローマ法王候補者は個性派キャラ揃い

 ローマ法王ベネディクト16世が、2月28日夜正式に退位した(本誌記事「存命中の …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

seiketsudo
世界の汚職水準ランキング調査。ランクは同じでも内情は様々?

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル …

fbi
ボストン爆破テロ事件でFBIが新捜査手法。スマホ画像の提供を広く市民に呼び掛け

 米連邦捜査局(FBI)は4月18日、ボストン・マラソンのゴール付近で起きた連続 …

inuniku
中国の犬肉祭に批判が殺到。捕鯨問題のヒントになる可能性も

 中国広西チワン族自治区の玉林市で毎年夏に行われる恒例行事「ライチ犬肉祭り」を目 …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …