ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の高度成長は完全に終了。だが「市場」として有望なのは、むしろこれからだ

 

 中国国家統計局は4月9日、3月の消費者物価指数を発表した。前年同月比で2.1%の上昇にとどまり、2月の3.2%から1.1ポイント低下した。また景気の動向をより反映するといわれる卸売物価指数はマイナス1.9%であった。

 中国の消費者物価指数は、昨年後半以降は、主に2%前後で推移してきており、物価は比較的安定している。だがそれは、中国経済の成長が鈍化していることの裏返しでもある。
 景気との関連性が深い卸売物価指数は昨年からずっとマイナスの状態が続いており、中国経済がもはや高い成長を持続できなくなっていることを暗示している。

 これまで10%レベルの高度経済成長を長期間持続できた国はない。中国もその例外ではなく、中国はこれから普通の成長スピードを持った国に変わっていくことになる。

 中国の最高指導部はすでに中国の成長鈍化を見据えている。習近平国家主席は、4月7日に行われたボアオ・アジアフォーラムで基調講演を行い「中国の発展は著しいものから安定へと 変化している」と述べ、超高度経済成長は終了したとの見方を示した。現在中国政府は7%の成長目標を掲げているが、その実現は難しいとの見方がもっぱらだ。

 中国におけるこれまでの高度成長は、道路や鉄道、港湾などのインフラ投資が主なけん引役となってきた。日本でかつて列島改造論がブームになったのと同じことである。そしてインフラ建設利権の象徴でもあった鉄道省が、3月に開催された全人代(全国人民代表大会:国会に相当)において正式に解体された。

 鉄道省は全国に鉄道を敷設するという巨大プロジェクトを抱えており、中国最大の利権官庁であった。本来であればその解体には相当な政治的抵抗があり実現は不可能なはずである。だが猛烈な抵抗勢力の巻き返しにも関わらず解体が成功した背景には、インフラ整備のプロジェクトがあらかた終了し、公共工事利権としての「うまみ」が少なくなってきたという現実がある(本誌記事「中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ」参照)。

 ただ中国市場がこれで終わりというのは短絡的見方だ。日本で列島改造論がブームになったのは1972年、第二次臨時行政調査会(第二臨調)が国鉄民営化を提言したのは1982年である。日本はこれを境に成熟国家型の経済に移行している(成熟経済の舵取りはうまくいっていないが)。
 中国も日本と同様、今後は社会の成熟化が進む可能性が高い。途上国の生活レベルにおける購買力などたかが知れている。だが社会が成熟してくると、個人消費が大きな力を持つようになってくる。中国が「市場」として意味を持ってくるのはむしろこれからである。

 - 経済

  関連記事

no image
シャープとインテルが提携という報道をめぐって、海外メディアとのレベルの差が露呈

 シャープがインテルと資本提携を模索しているとの報道をめぐり、日本のマスコミのダ …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

abeyosaninkai201402
首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考 …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

bitcoin
ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

jinmingen02
中国の金融引き締めで追い込まれる中小銀行。当局は大混乱覚悟で続行か?

 中国で短期金利が急騰し、流動性が逼迫している問題で、中央銀行にあたる中国人民銀 …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …