ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の高度成長は完全に終了。だが「市場」として有望なのは、むしろこれからだ

 

 中国国家統計局は4月9日、3月の消費者物価指数を発表した。前年同月比で2.1%の上昇にとどまり、2月の3.2%から1.1ポイント低下した。また景気の動向をより反映するといわれる卸売物価指数はマイナス1.9%であった。

 中国の消費者物価指数は、昨年後半以降は、主に2%前後で推移してきており、物価は比較的安定している。だがそれは、中国経済の成長が鈍化していることの裏返しでもある。
 景気との関連性が深い卸売物価指数は昨年からずっとマイナスの状態が続いており、中国経済がもはや高い成長を持続できなくなっていることを暗示している。

 これまで10%レベルの高度経済成長を長期間持続できた国はない。中国もその例外ではなく、中国はこれから普通の成長スピードを持った国に変わっていくことになる。

 中国の最高指導部はすでに中国の成長鈍化を見据えている。習近平国家主席は、4月7日に行われたボアオ・アジアフォーラムで基調講演を行い「中国の発展は著しいものから安定へと 変化している」と述べ、超高度経済成長は終了したとの見方を示した。現在中国政府は7%の成長目標を掲げているが、その実現は難しいとの見方がもっぱらだ。

 中国におけるこれまでの高度成長は、道路や鉄道、港湾などのインフラ投資が主なけん引役となってきた。日本でかつて列島改造論がブームになったのと同じことである。そしてインフラ建設利権の象徴でもあった鉄道省が、3月に開催された全人代(全国人民代表大会:国会に相当)において正式に解体された。

 鉄道省は全国に鉄道を敷設するという巨大プロジェクトを抱えており、中国最大の利権官庁であった。本来であればその解体には相当な政治的抵抗があり実現は不可能なはずである。だが猛烈な抵抗勢力の巻き返しにも関わらず解体が成功した背景には、インフラ整備のプロジェクトがあらかた終了し、公共工事利権としての「うまみ」が少なくなってきたという現実がある(本誌記事「中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ」参照)。

 ただ中国市場がこれで終わりというのは短絡的見方だ。日本で列島改造論がブームになったのは1972年、第二次臨時行政調査会(第二臨調)が国鉄民営化を提言したのは1982年である。日本はこれを境に成熟国家型の経済に移行している(成熟経済の舵取りはうまくいっていないが)。
 中国も日本と同様、今後は社会の成熟化が進む可能性が高い。途上国の生活レベルにおける購買力などたかが知れている。だが社会が成熟してくると、個人消費が大きな力を持つようになってくる。中国が「市場」として意味を持ってくるのはむしろこれからである。

 - 経済

  関連記事

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

e6kei
新幹線がさらにスピードアップ。だが高速化はそろそろ限界に達しつつある

 JR東日本は21日、来年3月のダイヤ改正を発表した。東北新幹線の「はやぶさ」が …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

ieren02
イエレン氏の議会証言声明文。内容は予想通りで、失業率を重視し緩和継続へ

 米FRB(連邦準備制度理事会)は、バーナンキ議長の後任に指名されたジャネット・ …

IMF201607
IMFが世界経済の最新見通し。英国離脱も意外と景気は底堅い?

 IMF(国際通貨基金)は2016年7月19日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

iwata02
日銀岩田副総裁によれば期待インフレ率は上昇しているというが・・・・

 日銀の岩田副総裁は、経済紙とのインタビューにおいて、日銀の金融政策として実質金 …

bukkajoushou
とうとう物価上昇がストップ。そろそろ構造的な要因に関する議論が必要?

 総務省は2015年3月37日、2015年2月の消費者物価指数を発表した。代表的 …