ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は積極的な設備投資にはまだ慎重な様子である。

 内閣府が4月11日に発表した2月の機械受注統計によると、先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比7.5%増の7038億円となった。
 プラスとなったのは2カ月ぶりだが、想定の範囲内であり、企業の設備投資意欲が大きく変化した兆候は見てとれない。内閣府では景気の基調判断を「緩やかな持ち直しの動きがみられる」に据え置いている。

 機械受注は、国内の機械メーカーが受注した生産設備用機器の金額を集計したもの。企業の設備投資の動向を反映するため市場関係者の多くが注目している。

 2011年以降、機械受注は7000億円前後で横ばいの状態が続いているが、その内容はまだら模様だ。基本的には減少する一方の電機、一般機械の分野を自動車関連分野が補うという構図となっている。内需中心のIT関連は横ばいが続いている状況。
 電機、一般機器が弱いのは、日本の電機メーカーが競争力を低下させていることや、中国のインフラ建設が伸び悩んでいることが主な原因と考えられる。

 2月の統計で伸びが大きかったのは、非鉄金属(170.4%増)、鉄鋼(50.9%増)、電機(34.7%増)などだが、このうち非鉄金属や鉄鋼はあまりボリュームが大きくない。また電機はもともとブレが大きい分野なので、2月の数値上昇で回復したと見るのは早計だ。

 結局のところ、比較的好調な自動車関連分野で全体が支えれている構造にあまり変わりはない。また金額は小さいが内需の指標となるITの下落が大きいのも気になる。

 円安と株高という追い風が企業には吹いているが、少なくとも国内企業の設備投資意欲はそれほど高まっていないことが分かる。
 国内の主要メーカーは生産設備を海外に移転しているところも多い。今後、機械受注が増加してくるとすれば、米国景気の回復を背景にした外需主導か、同じく、好調な北米市場向けに自動車生産が伸びるというストーリーがもっとも描きやすい。

 「終わりよければすべてよし」ともいわれるように、仮にアベノミクスとは関係のないところが原因であっても、設備投資が増加することで景気が回復すれば、当面の課題は克服できることになる(長期的な産業構造という意味では別だが)。だが米国景気が今後不調になってくると、その筋書きも怪しくなってくる。中国向けの輸出も最終的には北米に再輸出されるものが多い。日本経済の米国依存という構造は昔から変わっていないのだ。

 - 経済

  関連記事

amazonhaiso
米アマゾンが個人に配送を依頼するアプリを開発中。数年後、社会は激変する?

 米アマゾンが、商品の配送について、運送会社ではなく一般の個人を活用する方式を検 …

bussann
三菱商事と三井物産が共に創立以来初の赤字転落。原油安が業績を直撃

 資源安が大手商社の業績を直撃している。三菱商事と三井物産が揃って通期の決算が赤 …

no image
「シャープが賞与カットを検討」との報道に、市場では驚愕の声

  シャープがリストラ策の一環として、社員の賞与カットの検討に入ってるとの毎日新 …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

amari
政府が正式にTPP交渉参加を表明へ。だが交渉は大詰めで時すでに遅しか?

 安倍首相は3月15日に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加を正式 …

no image
資産家夫婦殺害事件とJASDAQ粉飾疑惑企業を結びつける点と線

 スイス在住で日本に一時帰国していた資産家夫婦が行方不明になっている事件で、2人 …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …