ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

子供の幸せに関するユニセフの国際調査。なぜか日本は評価対象外

 

 ユニセフは2013年4月、先進国における子供幸福度ランキングを発表した。第一位はオランダ、第二位はノルウェイ、第三位アイスランドであった。この手のランキングでは、北部ヨーロッパのプロテスタント圏が上位に入ることが多いが、この調査でも同様の結果となった。
 ただしこのランキングにはなぜか日本は入っていない。OECD加盟国を対象としているようだが、日本や韓国などはデータが不足しているとして調査対象外となっている。

  ランキングは、大きく分けて、物質的豊かさ、健康と安全、教育環境、人間関係という4項目で構成されている。物質的豊かさは、相対的貧困、無職家庭の数、所有物などが調査対象となっている。健康と安全は乳幼児死亡率などが、教育環境は学力などが調査対象である。人間関係にはいじめ、喫煙、性行為などが含まれている。

  上位に入っている北部ヨーロッパの国々は総じて各項目で上位ランキングとなっている。一方、29カ国中26位となった米国は各分野でまんべんなくランクが低い。同レベルのランキングとなっている国にはギリシャやスロバキアなどがある。フランスやイギリスは中位でそれぞれ13位と16位である。そしていつものことだが、大国の中ではドイツがもっとも順位が高く6位だった。

 ランキングの結果を見ると、平均的な水準が高いところはランキングが上位になる傾向が強いことを伺わせる。地域や階層による差が大きい米国は圧倒的に不利なようである。

 ではランキング対象外の日本がもし調査対象となればどの程度の位置になるのだろうか?物質的豊かさではいい数値になりそうだが、必ずしもそうとは限らない。日本は意外かもしれないが、相対的な貧困率が極めて高いことで有名なのだ(本誌記事「日本の貧困レベルはとうとう韓国と同水準に。先進国など夢のまた夢」参照)。したがって他の項目と相殺されてしまい、それほど上位にはならない可能性が高い。

 健功と安全はおそらく上位にランキングされるだろう。教育環境も上位と思われる。一方、人間関係はいじめの問題があることや、子供の満足度が低いことはよく知られているので、この項目の上位もあまり期待できない。結局、欧州主要国と同様、中ランクかそれよりも下になる可能性が高いかもしれない。

 - 社会

  関連記事

nsa
米上院がNSAの情報活動を大幅に制限する米国自由法を可決

 米上院は2015年6月2日、NSA(国家安全保障局)による個人情報の収集を認め …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

obrien02
英国カトリックのオブライエン枢機卿が、とうとうホモ行為の強要を認め謝罪

 神学生や司祭に対する性的虐待を告発され、スコットランド・エジンバラ大司教を辞職 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

tusnami
避難場所の3割に津波。自分の身は自分で守るという意識こそが地域の安全を高める

 内閣府が東日本大震災の被災者に対して行ったアンケート調査で、自治体が指定する避 …

maruyama02
丸山発言は特殊ではない。日本人の人権感覚はズレているという認識が必要

 参院憲法審査会でオバマ米大統領に対する人種差別的発言を行った丸山和也議員は20 …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …

mox
プルサーマル計画の意義が薄れる中、震災後初となるMOX燃料が高浜原発に到着。

 関西電力高浜原発3号機で使用するMOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料 …

dokushogakusei
大学生の4割が読書時間ゼロ。だが本離れに拍車がかかっていると断言するのは早い

 大学生の約4割は読書時間がゼロであることが、全国大学生協連(東京)の「学生生活 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …