ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

子供の幸せに関するユニセフの国際調査。なぜか日本は評価対象外

 

 ユニセフは2013年4月、先進国における子供幸福度ランキングを発表した。第一位はオランダ、第二位はノルウェイ、第三位アイスランドであった。この手のランキングでは、北部ヨーロッパのプロテスタント圏が上位に入ることが多いが、この調査でも同様の結果となった。
 ただしこのランキングにはなぜか日本は入っていない。OECD加盟国を対象としているようだが、日本や韓国などはデータが不足しているとして調査対象外となっている。

  ランキングは、大きく分けて、物質的豊かさ、健康と安全、教育環境、人間関係という4項目で構成されている。物質的豊かさは、相対的貧困、無職家庭の数、所有物などが調査対象となっている。健康と安全は乳幼児死亡率などが、教育環境は学力などが調査対象である。人間関係にはいじめ、喫煙、性行為などが含まれている。

  上位に入っている北部ヨーロッパの国々は総じて各項目で上位ランキングとなっている。一方、29カ国中26位となった米国は各分野でまんべんなくランクが低い。同レベルのランキングとなっている国にはギリシャやスロバキアなどがある。フランスやイギリスは中位でそれぞれ13位と16位である。そしていつものことだが、大国の中ではドイツがもっとも順位が高く6位だった。

 ランキングの結果を見ると、平均的な水準が高いところはランキングが上位になる傾向が強いことを伺わせる。地域や階層による差が大きい米国は圧倒的に不利なようである。

 ではランキング対象外の日本がもし調査対象となればどの程度の位置になるのだろうか?物質的豊かさではいい数値になりそうだが、必ずしもそうとは限らない。日本は意外かもしれないが、相対的な貧困率が極めて高いことで有名なのだ(本誌記事「日本の貧困レベルはとうとう韓国と同水準に。先進国など夢のまた夢」参照)。したがって他の項目と相殺されてしまい、それほど上位にはならない可能性が高い。

 健功と安全はおそらく上位にランキングされるだろう。教育環境も上位と思われる。一方、人間関係はいじめの問題があることや、子供の満足度が低いことはよく知られているので、この項目の上位もあまり期待できない。結局、欧州主要国と同様、中ランクかそれよりも下になる可能性が高いかもしれない。

 - 社会

  関連記事

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

danboukigu
日本の温室効果ガス削減は家庭の省エネ頼み。断熱ゼロで寒い日本の家がさらに寒くなる

 地球温暖化対策の国連会議COP21において、パリ協定が締結されたことで、温暖化 …

katayama
PC遠隔操作事件の容疑者をようやく逮捕。だが事実上の自首に近く、警察の非力さが露呈

 遠隔操作PCを使った犯行予告事件で、警視庁などの合同捜査本部は10日、東京都江 …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

joseikourei
日本女性は再び長寿世界1位に。今後は寿命の「長さ」ではなく「質」にも目を向けるべき

 厚生労働省は7月25日、日本人の平均寿命に関する最新の調査結果を発表した。20 …

koujousen
福島の甲状腺検査で県外被害者は後回し。毎日新聞が示した情報公開請求の有効性

 福島原発事故を受け福島県が実施している子供向けの甲状腺検査をめぐり、県民健康管 …

sistinchapel
次期ローマ法王選出会議(コンクラーベ)、12日から開催。会議は波乱か?

 ローマ法王庁は8日、退位したベネディクト16世の後継者を選ぶ選挙(コンクラーベ …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

hinkon
日本の貧困レベルはとうとう韓国と同水準に。先進国の水準など夢のまた夢

 韓国の統計庁が出した2012年家計金融・福祉調査の結果によると、昨年の可処分所 …

udeishoku
イラクで負傷した兵士の両腕移植が成功。皮肉にも戦争で米国の医療技術がさらに進んだ

 イラク戦争に派遣され従軍中に両手両足を失った米軍兵士が両腕の移植手術を受け回復 …