ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業績という意味だけでなく、個人消費の動向を分析する上でも重要であり、多くの関係者が注目している。特に今年はアベノミクスの効果が実体経済にどのように効果を及ぼすのかに注目が集まっており、例年以上に関心が高い。

  基本的にスーパー、コンビニ、百貨店ともに、ほとんどが増収増益の決算内容となった。
 特に増益傾向が著しいのは百貨店で、大丸と松坂屋を傘下に持つJ.フロント リテイリングは経常利益ベースで40%増益、高島屋は22.6%の増益となった。
 百貨店については、年明けから高額商品を中心に売り上げが伸びており、株高による資産効果と言われてきた。顧客の動きが決算にも反映されてきたことは明るい材料といえる。
 もっとも百貨店は過去4年間、売上の減少に悩まされ続けてきた。Jフロントは売上が16%伸びたが、高島屋はほぼ横ばいである。本格的に客足が戻ってきたのかはまだ不透明だ。

 コンビニはフランチャイズ制を採用している会社がほとんどなので、本部企業の売り上げと店舗の売り上げは必ずしも一致しない。本部企業の業績を向上させるために、フランチャイズ店舗の収益を犠牲にすることが理論上可能な構造となっている。このためコンビニついては、既存店の売上高を見た方が全体が分かりやすい。

 コンビニ各社の売上高はここ4年の間で20%程度増加している。GDPが横ばいという状況を考えると健闘しているといってよいだろう。日本ではかつて大規模小売店舗法(大店法)という出店規制があり、大型店舗の出店が難しかった。コンビニは小売大手が規制から逃れれるために発達させた業態で、結果的に地域商店の衰退を加速させたとの指摘もある。ともかく、コンビニは地域商店から顧客を奪う形で売上を伸ばすことに成功している。

 百貨店と並んで不況による影響をモロに受けてきたのがスーパーである。イオンは今回の決算で増収増益を確保したが、イトーヨーカ堂(セブン&アイ・ホールディングスの一部門)は単体で見れば、売上が減少しており、下落傾向に歯止めがかからない。ダイエーも結局はイオンに吸収されることになった(本誌記事「イオンによるダイエー株が意味するもの」参照)。

 このところ多くの経済指標が示しているのは、高級品の消費は活発になっているが、中間層向けの消費はまだ完全に復活したとはいえないという現状である。また地方経済の疲弊による商圏の消滅といった問題もある。小売大手の決算はこういった状況を総合的に反映しているといってよいだろう。
 ただ、リーマンショック以降続いてきた果てしない売上減少のスパイラルからは、何とか脱しつつあると考えて間違いないようだ。

 - 経済

  関連記事

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

apple
中国の販売見込みが予想を下回り、好業績だが失望となったアップルの決算

 米アップルは2014年1月27日、2013年10~12月期決算を発表した。四半 …

kadokawadowango
KADOKAWAとドワンゴが経営統合。相互補完的でプラスになる可能性

 角川書店を中心とするメディア企業のKADOKAWAと、動画配信大手のドワンゴが …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

tokyotower
経常収支が3ヶ月連続赤字。最後の頼みは直接投資増加だが、円安という大敵が・・・

 財務省は3月8日、1月の国際収支を発表した。経常収支は3648億円の赤字で、経 …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …

opec02
OPECが原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景

 OPEC(世界石油輸出国機構)は2014年11月27日、オーストリア・ウィーン …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …

economistataranai
7~9月期GDPは何とマイナス1.6%。エコノミストの予想はなぜこうも当たらないのか?

 内閣府は2014年11月17日、7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …