ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014年4月から予定している消費税増税を延期することも選択肢の一つという発言が話題となっている。

 この発言は4月9日に行われたロイターとのインタビューで飛び出したもの。この中で浜田氏は「せっかく上がりかけた景気が増税でダメになってしまう例は、世界の歴史にもある」として、場合によっては消費税の増税を見送るべきという考えを示した。
 浜田氏は積極的な金融緩和論者として知られ、安倍内閣における金融政策のご意見番的存在。教え子である日銀の白川総裁があまりにも量的緩和に消極的なことに業を煮やし公開書簡を送ったこともある。

 ある意味で異次元の量的緩和策の生みの親ともいえる浜田氏の発言は、内外に大きな影響力を持つ。夏には参院選を控えていることもあり、場合によってはちょっとした政局を引き起こす可能性すら出てきたといえる。

 消費税増税見送りがもたらす政局的な影響はともかくとして、今回の浜田氏の発言は量的緩和策の拡大が実体経済に波及するメカニズムをよりはっきりさせたかもしれない。

 これまで量的緩和の拡大が経済成長にどのように結びつくのかというメカニズムは今ひとつ不明確であった。一般的に言われているのは、株や不動産の価格上昇によって資産効果が起こり、消費が刺激されるというものである。
 だが米国と異なり、日本では株高の恩恵を受けるひとはごくわずかであることから、その効果に疑問を持つ人も多い。白川前総裁はまさにその代表格といえるだろう。

 市場ではいくら日銀が国債を買い進めたところで、供給された資金は当座預金に積み上がり、設備投資などには回らないとの意見も多く聞かれる。

 だが浜田氏の発言を聞くと、そういった懸念は無用であることが分かる。といよりも、無用であると積極的緩和派は考えているようである。
 浜田氏が消費税増税の影響をかなり気にしているということは、資産効果や株高による心理好転が個人消費を活発化させるというメカニズムを強く意識していることの裏返しである。心理が好転して個人消費が回復するのであれば、関連する企業の設備投資は結果的に増えることになる。

 ムードに頼るという意味では、若干の危うさも感じられるが、ある意味で道筋ははっきりしてきた。アベノミクスの本質はやはり資産価格の高騰にあるようだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

mof05
財務省が人事を正式発表。予想通り木下次官は1年で退任したが・・・

 財務省は2014年7月4日、正式な主要人事を発表した。すでに報道されている通り …

microsoft
マイクロソフトが大規模な組織再編に着手。脱PCで伝統の事業部制を放棄

 米マイクロソフトは7月11日、これまでにない大規模な組織再編を行うと発表した。 …

bostonterro
連続爆破テロの犯人を拘束。重傷を負っており、テロによる負傷者と同じ病院に搬送

 米ボストン市警察は4月19日、ボストン・マラソン連続爆破テロ事件の容疑者である …

zenjindai2014
中国で全人代が開催。中国が抱える問題はバブル後の日本にさらに酷似

 中国における今後1年間の重要政策を議論する全人代(全国人民代表大会)が2014 …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

dentsu
電通の広告不正問題。AI社会になれば解決するが、その時に代理店は必要ない?

 広告代理店最大手の電通は2016年9月23日、インターネット上の広告に関して不 …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …

h2a
偵察衛星打ち上げに成功。スタートから10年でようやく常時運用体制が整う

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、政府の情報収集衛星「レー …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …