ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014年4月から予定している消費税増税を延期することも選択肢の一つという発言が話題となっている。

 この発言は4月9日に行われたロイターとのインタビューで飛び出したもの。この中で浜田氏は「せっかく上がりかけた景気が増税でダメになってしまう例は、世界の歴史にもある」として、場合によっては消費税の増税を見送るべきという考えを示した。
 浜田氏は積極的な金融緩和論者として知られ、安倍内閣における金融政策のご意見番的存在。教え子である日銀の白川総裁があまりにも量的緩和に消極的なことに業を煮やし公開書簡を送ったこともある。

 ある意味で異次元の量的緩和策の生みの親ともいえる浜田氏の発言は、内外に大きな影響力を持つ。夏には参院選を控えていることもあり、場合によってはちょっとした政局を引き起こす可能性すら出てきたといえる。

 消費税増税見送りがもたらす政局的な影響はともかくとして、今回の浜田氏の発言は量的緩和策の拡大が実体経済に波及するメカニズムをよりはっきりさせたかもしれない。

 これまで量的緩和の拡大が経済成長にどのように結びつくのかというメカニズムは今ひとつ不明確であった。一般的に言われているのは、株や不動産の価格上昇によって資産効果が起こり、消費が刺激されるというものである。
 だが米国と異なり、日本では株高の恩恵を受けるひとはごくわずかであることから、その効果に疑問を持つ人も多い。白川前総裁はまさにその代表格といえるだろう。

 市場ではいくら日銀が国債を買い進めたところで、供給された資金は当座預金に積み上がり、設備投資などには回らないとの意見も多く聞かれる。

 だが浜田氏の発言を聞くと、そういった懸念は無用であることが分かる。といよりも、無用であると積極的緩和派は考えているようである。
 浜田氏が消費税増税の影響をかなり気にしているということは、資産効果や株高による心理好転が個人消費を活発化させるというメカニズムを強く意識していることの裏返しである。心理が好転して個人消費が回復するのであれば、関連する企業の設備投資は結果的に増えることになる。

 ムードに頼るという意味では、若干の危うさも感じられるが、ある意味で道筋ははっきりしてきた。アベノミクスの本質はやはり資産価格の高騰にあるようだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

abe
総選挙は自民圧勝。安倍政権で日本はどうなる?政策に関する着目点をまとめてみた

 事前の予想通り、総選挙において自民党が圧勝したことで、永田町では早くも安倍政権 …

home02
米国ではなぜ自宅の不動産が超優良な資産になるのか?

 米政府の管理下で経営再建中だった米国の住宅公社2社(ファニーメイとフレディマッ …

chromecast
グーグルがテレビで動画を楽しめる安価な端末を発売開始。そのインパクトは?

 グーグルは2014年5月27日、テレビに接続するだけで、スマホやタブレットの動 …

7thfleet
米空母2隻が西太平洋に展開。ただし毎年の恒例行事であり過大な期待は無用

 米第7艦隊は、空母「ジョージ・ワシントン」と「ジョン・C・ステニス」を中心とし …

rspphoto
税金を投入され資金潤沢なルネサスが、なぜか子会社のアップル売却を検討

 米アップルが、経営再建中のルネサスエレクトロニクスが保有する子会社の買収を打診 …

home
米国で住宅価格上昇が顕著に。競売は激減しリーマンショック以前の水準まで改善

 米国で住宅用不動産の価格上昇が鮮明となっている。米調査会社コアロジック発表した …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

tokkkyocho
特許庁がシステム開発に失敗。高額で民間から雇ったCIO補佐官は何をやっているの?

 プロジェクトが事実上頓挫していた特許庁の新システム開発プロジェクトについて、同 …