ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014年4月から予定している消費税増税を延期することも選択肢の一つという発言が話題となっている。

 この発言は4月9日に行われたロイターとのインタビューで飛び出したもの。この中で浜田氏は「せっかく上がりかけた景気が増税でダメになってしまう例は、世界の歴史にもある」として、場合によっては消費税の増税を見送るべきという考えを示した。
 浜田氏は積極的な金融緩和論者として知られ、安倍内閣における金融政策のご意見番的存在。教え子である日銀の白川総裁があまりにも量的緩和に消極的なことに業を煮やし公開書簡を送ったこともある。

 ある意味で異次元の量的緩和策の生みの親ともいえる浜田氏の発言は、内外に大きな影響力を持つ。夏には参院選を控えていることもあり、場合によってはちょっとした政局を引き起こす可能性すら出てきたといえる。

 消費税増税見送りがもたらす政局的な影響はともかくとして、今回の浜田氏の発言は量的緩和策の拡大が実体経済に波及するメカニズムをよりはっきりさせたかもしれない。

 これまで量的緩和の拡大が経済成長にどのように結びつくのかというメカニズムは今ひとつ不明確であった。一般的に言われているのは、株や不動産の価格上昇によって資産効果が起こり、消費が刺激されるというものである。
 だが米国と異なり、日本では株高の恩恵を受けるひとはごくわずかであることから、その効果に疑問を持つ人も多い。白川前総裁はまさにその代表格といえるだろう。

 市場ではいくら日銀が国債を買い進めたところで、供給された資金は当座預金に積み上がり、設備投資などには回らないとの意見も多く聞かれる。

 だが浜田氏の発言を聞くと、そういった懸念は無用であることが分かる。といよりも、無用であると積極的緩和派は考えているようである。
 浜田氏が消費税増税の影響をかなり気にしているということは、資産効果や株高による心理好転が個人消費を活発化させるというメカニズムを強く意識していることの裏返しである。心理が好転して個人消費が回復するのであれば、関連する企業の設備投資は結果的に増えることになる。

 ムードに頼るという意味では、若干の危うさも感じられるが、ある意味で道筋ははっきりしてきた。アベノミクスの本質はやはり資産価格の高騰にあるようだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

kimujonun04
北朝鮮が米国に対して突如、二国間交渉を提案。米側はとりあえず拒否

 北朝鮮の国防委員会報道官は6月16日、重大談話を発表し、米朝の高官による二国間 …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

starbank
ファンドの「オモチャ」だった東京スター銀行を台湾の銀行が買収。ようやく経営安定か?

 首都圏を中心40店舗近くの支店を展開する東京スター銀行が、台湾の大手銀行である …

tosho05
個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及 …

abekeizai201311
公共事業費の抑制をめぐって綱引き激化。財務省が本当に危惧している事態とは?

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えているが、公共事業費の抑制をめぐって議 …

no image
ウォルマートが低所得者向けの新しい金融決済サービスを開始。日本も参考にすべし

 米小売り最大手ウォルマートとクレジットカード大手アメリカン・エキスプレスは、プ …

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

furusatonozei
ようやく聞こえてきた、ふるさと納税制度に対する自治体からの異論

 ふるさと納税に対する異論が一部の自治体から出始めている。今のところ、税収が減っ …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …