ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ケリー国務長官のアジア歴訪。カギとなったのはやはり中国との会談

 

 米国のケリー国務長官は4月12日から15日の日程で韓国、中国、日本を相次いで訪問した。ケリー氏歴訪の目的は、もちろん北朝鮮問題への対応である。だが中国との会談では、アジア太平地域の新秩序をめぐる新しい動きも垣間見られた。

 12日に韓国入りしたケリー長官は朴槿恵大統領や尹炳世外相らと会談し、「米国は北朝鮮を核保有効としては認めない」と述べ、必要に応じて韓国を防衛する意志であることをあらためて強調した。

 翌13日には中国を訪問し、習近平国家主席や李克強首相らと会談を行った。この中でケリー長官は中国に対して、北朝鮮がミサイル発射を思いとどまるよう、中国が北朝鮮に対して影響力を行使することを求めたとされている。
 中国側が正式にどのように回答したのかは明らかではないが、中国からの圧力という形で北朝鮮問題を収束させる青写真が動き始めたことを伺わせる会談となった。

 日本には14日午後に到着。米国大使館で学生との対話集会に参加したのち、夕方から麻布台にある外務省飯倉公館において日米外相会談に臨んだ。会談では韓国、中国との会談結果を踏まえ、北朝鮮の核保有を容認しない方針を確認した。15日には、安倍首相との会談や東京工業大学での講演などを行い帰途につく。

 今回のアジア歴訪で重要なのはやはり中国との会談だ。これまで北朝鮮の姿勢にいらだちを見せながらも介入を避けていた中国が、米国の意向を受けて動き出す可能性が出てきた。
 もちろん北朝鮮がミサイル発射などの挑発行使をさらにエスカレートする可能性は残っているが、一方で、どのタイミングで北朝鮮が挑発行為をやめるのか、またその際の条件はどうなるのかに焦点が移り始めたといってよい。

 また中国訪問では別のテーマでも進展があった。王毅外相との会談では、王毅氏から「中米関係の方向性を明確にするロードマップを共同で作成することを望んでいる」との発言があり、ケリー氏もこれを了承したという。
 これは、米中関係を今後どのように構築していくのかについて、具体的なスケジュールを作成するということであり、そこにはアジア太平洋地域の安全保障問題の在り方に関する項目も含まれている。

 今後の日米関係は、当然のことながら、この米中のロードマップに大きく左右されることになる。北朝鮮問題が今後どのように展開するのかによって、このロードマップの内容も大きく変わってくるだろう。アジアにおける米中を軸にした新秩序の構築が、とうとう動き出したのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

paristero
パリの新聞社襲撃事件。実行犯はかなり訓練されたテロリストの可能性大

 パリ市内でイスラム教を風刺したイラストを掲載した新聞社をテロリストが襲撃すると …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …

iowarepub
米大統領選の状況が一変。共和党は主流派が推すルビオ候補が大躍進

 米大統領選の初戦となる中西部アイオワの党員集会は、思いがけない結果となった。共 …

sekorosu
世耕経産相が米主要経済閣僚と初会談。見えてこない日米交渉の道筋

 訪米した世耕経済産業相は2017年3月16日、ロス米商務長官らトランプ政権の主 …

kishidaputin
一筋縄ではいかない日露交渉。プーチン大統領は意図的な遅刻で日本側を翻弄?

 岸田文雄外務大臣はロシアのプーチン大統領らとモスクワで会談し、今月に開催される …

no image
すでに中東戦争?イスラエルとシリアが一部交戦状態に

 シリア内戦が引き金となり、中東では事実上「中東戦争」が始まったかのような状況と …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

f35
ステルス戦闘機の部品製造に日本企業が参入可能に。だが防衛産業の台所事情は苦しい

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機として導入する米ロッキード・マーティン社製のス …

zenjndaikaijou02
中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を意味している

 中国・北京で開かれていた第12期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は17日 …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …