ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ケリー国務長官のアジア歴訪。カギとなったのはやはり中国との会談

 

 米国のケリー国務長官は4月12日から15日の日程で韓国、中国、日本を相次いで訪問した。ケリー氏歴訪の目的は、もちろん北朝鮮問題への対応である。だが中国との会談では、アジア太平地域の新秩序をめぐる新しい動きも垣間見られた。

 12日に韓国入りしたケリー長官は朴槿恵大統領や尹炳世外相らと会談し、「米国は北朝鮮を核保有効としては認めない」と述べ、必要に応じて韓国を防衛する意志であることをあらためて強調した。

 翌13日には中国を訪問し、習近平国家主席や李克強首相らと会談を行った。この中でケリー長官は中国に対して、北朝鮮がミサイル発射を思いとどまるよう、中国が北朝鮮に対して影響力を行使することを求めたとされている。
 中国側が正式にどのように回答したのかは明らかではないが、中国からの圧力という形で北朝鮮問題を収束させる青写真が動き始めたことを伺わせる会談となった。

 日本には14日午後に到着。米国大使館で学生との対話集会に参加したのち、夕方から麻布台にある外務省飯倉公館において日米外相会談に臨んだ。会談では韓国、中国との会談結果を踏まえ、北朝鮮の核保有を容認しない方針を確認した。15日には、安倍首相との会談や東京工業大学での講演などを行い帰途につく。

 今回のアジア歴訪で重要なのはやはり中国との会談だ。これまで北朝鮮の姿勢にいらだちを見せながらも介入を避けていた中国が、米国の意向を受けて動き出す可能性が出てきた。
 もちろん北朝鮮がミサイル発射などの挑発行使をさらにエスカレートする可能性は残っているが、一方で、どのタイミングで北朝鮮が挑発行為をやめるのか、またその際の条件はどうなるのかに焦点が移り始めたといってよい。

 また中国訪問では別のテーマでも進展があった。王毅外相との会談では、王毅氏から「中米関係の方向性を明確にするロードマップを共同で作成することを望んでいる」との発言があり、ケリー氏もこれを了承したという。
 これは、米中関係を今後どのように構築していくのかについて、具体的なスケジュールを作成するということであり、そこにはアジア太平洋地域の安全保障問題の在り方に関する項目も含まれている。

 今後の日米関係は、当然のことながら、この米中のロードマップに大きく左右されることになる。北朝鮮問題が今後どのように展開するのかによって、このロードマップの内容も大きく変わってくるだろう。アジアにおける米中を軸にした新秩序の構築が、とうとう動き出したのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

seichounoie
自民党の支持母体とも言われた「生長の家」が参院選で与党不支持を打ち出した理由

 宗教法人「生長の家」が、2016年夏の参議院選挙において与党を支持しないと発表 …

gabanansu
ないよりはマシ?安倍政権が成長戦略に企業統治を盛り込む方針を表明

 安倍首相は2014年6月3日、経団連の会合で講演し、コーポレートガバナンスを成 …

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …

doruen201412
円高要因が見当たらない?。市場ではすでに1ドル=120円以後の展開に注目

 ドル円相場が1ドル=119円台後半まで下落したことで、市場はすでに120円突破 …

shukinpei03
ウイグル独立運動とアルカイダを結ぶ点と線。中東問題に引きずり出される中国

 中国・北京の自動車爆破事件をきっかけに、中国はパキスタンとの対テロ連携の強化を …

obamapowerrice
オバマ大統領が次々と独自色の強い人事案を発表。共和党との対決に自信

 オバマ米大統領は独自色を強く打ち出した人事を相次いで発表している。6月5日、退 …

sutisenkyo
ミャンマーで歴史的な政権交代へ。だがスー・チー氏にとっては過大山積

 50年以上にわたって軍による独裁政権が続いてきたミャンマーで2015年11月8 …

shakaibunkakaikan
社民党が党本部を移転。旧党本部ビルは幽霊屋敷と呼ばれ崩壊寸前だった

 社民党は26日、社会党時代から半世紀近く使用してきた永田町の「社会文化会館」か …

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …

3chuzenkai
中国はどこへ行く?改革と保守で揺れ動く共産党3中全会は折衷案を了承して閉幕

 中国共産党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会)が11 …