ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすといわれたロボット導入だが、一部ではロボット特有のトラブルも増えてきている。

 FDA(米食品医薬局)は、ロボット手術における深刻な医療事故が増加傾向であると発表した。子宮摘出手術中にロボットが捜査できなくなった事例やロボットが邪魔になり緊急事態への対処ができなかったケースなどが報告されているという。

 一部の医師らはロボット手術について、患者にとってあまりメリットはないと否定的な見解を述べている。
 だが米国ではロボット手術の実績は着実に増加している。2005年には2万5000件だった手術事例は2012年には45万件に達しており、もはやロボット手術は一般的な存在になりつつある。

 外科手術用ロボットでもっとも有名なのは、米インテュイティブ・サージカル社が開発したダ・ヴィンチである(写真)。
 3本のロボットアームと1本の内視鏡アームを備えており、わずかな開口部からアームを患部に入れて手術を行う。医師はジョイスティックでロボットを操作するが、自分の手を動かすような感覚で操作ができるという。また人間の手では不可能な動きにも対応している。
 米国ではすでに2000年に認可されており、日本でも2009年に認可が下りた。徐々に日本国内の医療現場での導入も進んでいる。同社の躍進は株式市場でも大きな話題となっており、2003年に7.5ドルだった株価は現在では500ドル前後と70倍近くに高騰している。

 医療用ロボットが普及することの最大のメリットは、外科手術が医師の技量差に依存しなくなるという点である。ロボットを使えば手の震えが関係なくなることや、微妙な力加減も自由に制御できることから、それほど経験を積んでいない医師でも相応の手術ができるようになるといわれている。患者からしてみれば、医療の質が均一化されるというメリットがある。一方、手先の器用さがアドバンテージになっていた医師の中には、導入に反対する人もいるという。

 ロボットが原因の事故については、ロボットの導入事例が増えるにしたがって絶対数の増加が予想される。ただしそれ以上にロボットの普及が拡大するとの見方が一般的だ。米国ではあらゆる分野でロボットの普及が急速に進みつつあり、この流れはもう止めることはできないというのがその理由である(「ルンバの開発者が画期的な単純作業ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?」参照)。
 今回の事故報告によって、普及に多少のブレーキがかかる可能性はあるが、それはさらに普及が進むまでの過渡的なものとなる可能性が高い。

 - 社会, 経済, IT・科学

  関連記事

g20wasinton
G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4 …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

yahootumblr
米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

ism201303
最高値更新が続く米国株式市場で5月下落説が登場。投資家にとっては悩ましい局面に

 市場最高値の更新を続けていた米国株に警戒感が出始めている。4月3日のNY株式市 …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

caterpillar002
世界経済を反映する米キャタピラーの決算。2014年の成長は穏やかになる見込み

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年1月27日、2013年10~12月期の …