ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすといわれたロボット導入だが、一部ではロボット特有のトラブルも増えてきている。

 FDA(米食品医薬局)は、ロボット手術における深刻な医療事故が増加傾向であると発表した。子宮摘出手術中にロボットが捜査できなくなった事例やロボットが邪魔になり緊急事態への対処ができなかったケースなどが報告されているという。

 一部の医師らはロボット手術について、患者にとってあまりメリットはないと否定的な見解を述べている。
 だが米国ではロボット手術の実績は着実に増加している。2005年には2万5000件だった手術事例は2012年には45万件に達しており、もはやロボット手術は一般的な存在になりつつある。

 外科手術用ロボットでもっとも有名なのは、米インテュイティブ・サージカル社が開発したダ・ヴィンチである(写真)。
 3本のロボットアームと1本の内視鏡アームを備えており、わずかな開口部からアームを患部に入れて手術を行う。医師はジョイスティックでロボットを操作するが、自分の手を動かすような感覚で操作ができるという。また人間の手では不可能な動きにも対応している。
 米国ではすでに2000年に認可されており、日本でも2009年に認可が下りた。徐々に日本国内の医療現場での導入も進んでいる。同社の躍進は株式市場でも大きな話題となっており、2003年に7.5ドルだった株価は現在では500ドル前後と70倍近くに高騰している。

 医療用ロボットが普及することの最大のメリットは、外科手術が医師の技量差に依存しなくなるという点である。ロボットを使えば手の震えが関係なくなることや、微妙な力加減も自由に制御できることから、それほど経験を積んでいない医師でも相応の手術ができるようになるといわれている。患者からしてみれば、医療の質が均一化されるというメリットがある。一方、手先の器用さがアドバンテージになっていた医師の中には、導入に反対する人もいるという。

 ロボットが原因の事故については、ロボットの導入事例が増えるにしたがって絶対数の増加が予想される。ただしそれ以上にロボットの普及が拡大するとの見方が一般的だ。米国ではあらゆる分野でロボットの普及が急速に進みつつあり、この流れはもう止めることはできないというのがその理由である(「ルンバの開発者が画期的な単純作業ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?」参照)。
 今回の事故報告によって、普及に多少のブレーキがかかる可能性はあるが、それはさらに普及が進むまでの過渡的なものとなる可能性が高い。

 - 社会, 経済, IT・科学

  関連記事

abejosei
若者と女性の雇用を促進するという官邸主導の会議はまさに茶番劇

 政府は13日、「若者・女性活躍推進フォーラム」の初会合を首相官邸で開催した。出 …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

sengyoshufu
日本女性の満足度は高いというOECDの調査結果。男女平等と幸福の関係は?

 安倍政権は成長戦略の一環として女性活用を大々的に掲げており、配偶者控除の見直し …

ieren02
イエレン議長初のFOMC。結局のところ米国経済は好調。利上げは近い

 イエレン氏のFRB(連邦準備制度理事会)議長就任後初めてとなるFOMC(連邦公 …

mujinkikubo
米海軍が無人艦載機の空母からの発艦をデモ。軍隊のロボット化が急ピッチで進む

 米海軍は5月14日、無人機を空母から発艦させるデモンストレーションを実施した。 …

toyota02
トヨタの絶好調決算から学ぶ、円安がもたらすメリットとデメリット

 トヨタ自動車は2014年11月5日、2014年9月中間決算を発表し、2015年 …

machikado
景気の現状分析。アベノミクスは個人消費を刺激しているが、製造業は依然厳しい状況

 アベノミクスによる株高で日本経済に対する期待感が広がっているが、足元の景気の実 …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

apartron
地方の金融機関でアパートローンが急拡大。あらたな不良債権予備軍?

 アパート向けの融資がバブルの様相を呈してきている。地方では、入居者不在のまま建 …