ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすといわれたロボット導入だが、一部ではロボット特有のトラブルも増えてきている。

 FDA(米食品医薬局)は、ロボット手術における深刻な医療事故が増加傾向であると発表した。子宮摘出手術中にロボットが捜査できなくなった事例やロボットが邪魔になり緊急事態への対処ができなかったケースなどが報告されているという。

 一部の医師らはロボット手術について、患者にとってあまりメリットはないと否定的な見解を述べている。
 だが米国ではロボット手術の実績は着実に増加している。2005年には2万5000件だった手術事例は2012年には45万件に達しており、もはやロボット手術は一般的な存在になりつつある。

 外科手術用ロボットでもっとも有名なのは、米インテュイティブ・サージカル社が開発したダ・ヴィンチである(写真)。
 3本のロボットアームと1本の内視鏡アームを備えており、わずかな開口部からアームを患部に入れて手術を行う。医師はジョイスティックでロボットを操作するが、自分の手を動かすような感覚で操作ができるという。また人間の手では不可能な動きにも対応している。
 米国ではすでに2000年に認可されており、日本でも2009年に認可が下りた。徐々に日本国内の医療現場での導入も進んでいる。同社の躍進は株式市場でも大きな話題となっており、2003年に7.5ドルだった株価は現在では500ドル前後と70倍近くに高騰している。

 医療用ロボットが普及することの最大のメリットは、外科手術が医師の技量差に依存しなくなるという点である。ロボットを使えば手の震えが関係なくなることや、微妙な力加減も自由に制御できることから、それほど経験を積んでいない医師でも相応の手術ができるようになるといわれている。患者からしてみれば、医療の質が均一化されるというメリットがある。一方、手先の器用さがアドバンテージになっていた医師の中には、導入に反対する人もいるという。

 ロボットが原因の事故については、ロボットの導入事例が増えるにしたがって絶対数の増加が予想される。ただしそれ以上にロボットの普及が拡大するとの見方が一般的だ。米国ではあらゆる分野でロボットの普及が急速に進みつつあり、この流れはもう止めることはできないというのがその理由である(「ルンバの開発者が画期的な単純作業ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?」参照)。
 今回の事故報告によって、普及に多少のブレーキがかかる可能性はあるが、それはさらに普及が進むまでの過渡的なものとなる可能性が高い。

 - 社会, 経済, IT・科学

  関連記事

businessphone
IP電話を乗っ取り、アフリカなどに高額な国際電話をかけるケースが続出

 IP電話を乗っ取り、アフリカなどに高額な国際電話をかけるという事件が多発してい …

no image
ナイジェリアの公立学校で中国語教育始まる。国家覇権と言語は一体の関係

 中国が積極的に開発援助を行っているアフリカのナイジェリアで、公立学校における中 …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

sharp
シャープが年度内の中期経営計画策定を断念。ホンハイとの提携は完全に流れたか?

 経営再建中のシャープが、中期経営計画の策定を先延ばしにすることが朝日新聞の報道 …

kuroda02
日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加 …

tokyowan
10~12月期GDPはマイナス成長。打つ手がなく、日本経済はいよいよ袋小路に

 内閣府は2016年2月15日、2015年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …