ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小させた石炭火力を復活させる動きが拡大しているのだ。

 震災以降、全国の原子力発電所が事実上の全面停止に追い込まれたことから、石油や天然ガスの輸入が急増、日本の貿易収支は急激に悪化した。また相次ぐ電気料金の値上げによって、産業界の一部からは悲鳴の声が上がっている。

 これを受けて経済界ではなりふり構わぬロビー活動を行っており、経団連の米倉会長は4月15日、石炭火力の環境基準緩和と原発の再稼働を石原伸晃環境相に直接要請した。
 石原氏は、石炭火力について 「温暖化ガス対策はしっかり考えないといけない」として一定の留保を示したものの、基本的には前向きに検討する考えを明らかにした。また原発についても再稼働に前向きな考えを示している。

 原発は再稼働に向けて動き始めているが先行きは不透明なままだ。原子力規制委員会は4月10日、原子力発電所の新規制基準案を了承し、新規制が施行される7月以降、新しい基準を満たした原発の再稼働審査を開始する予定となっている。
 新規制基準案は、基本的には従来の規制内容を厳しくしただけであり、事実上、原発の再稼働を容認する内容となっている。ただ、新基準を満たすためには、かなりの追加設備が必要となり、原発コストの大幅な引き上げにつながってくる可能性が高い。

 とにかく原発を再稼働させたい国と電力会社は、原子力政策の抜本的な見直しは絶対に受け入れたくない。一方で原発に対する激しい批判は避けたいという政治的意向は強く、結果的に、従来基準を踏襲し、基準値を厳しくするという玉虫色の着地点となった。

 だがこのような決断は往々にして中途半端な結果を招く可能性が高い。原発に対する根本的な不信感はぬぐえず、一方、原発のコストは跳ね上がる。

 結局のところ石炭火力の増設で当面のエネルギー需要をカバーするという可能性が高くなってきている。石炭はCO2の発生量が多いという問題はあるものの、実は世界でもっともポピュラーな発電用エネルギー源である。石炭火力を捨ててしまったのは日本だけであり、世界ではいまだに石炭火力が主流なのだ(本誌記事「政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本がダマされていたことが明らかに」参照)。

 石炭価格は低く安定しており、石油や天然ガスのような地政学的なリスクが少ない。石炭火力増設に関する基準作りは最終局面を迎えており、予定通り規制が緩和されれば、石炭火力の普及に弾みが付くことになるだろう。

 これまで日本は、温暖化ガス削減という国際交渉に翻弄され続けてきた。一方諸外国は、温暖化ガス削減を主張しながら、石炭火力を維持し安価なエネルギー源を確保している。温暖化ガス削減の掛け声を額面通りに受け取っていたのは日本だけだったのである。
 度重なる迷走の末、結局日本も石炭火力として標準的なエネルギー政策を採用する結果になるのかもしれない。ただしそれは、戦略的な選択ではなく、結果論にすぎないのだが。

 - 政治, 経済

  関連記事

pentagon02
米国防総省が発表した中国軍に関する年次報告書。中国側が激しく反発する理由とは?

 米国防総省は5月6日、中国の軍事力に関する年次報告書を発表した。この中で国防総 …

no image
鳩山元首相、坂本龍一を党首に反原発政党を画策。東京はテクノポリスに!

 元首相の鳩山由紀夫氏が、ミュージシャンの坂本龍一氏を党首に迎えた脱原発新党を画 …

jbicwatanabe
経常赤字転落でマーケットが混乱するという通貨マフィア発言の真意とは?

 経常収支の赤字転落で市場が混乱するかもしれないという、国際協力銀行の渡辺総裁の …

no image
西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60) …

chongchongan
北朝鮮の貨物船がパナマ運河で強制停泊。積荷はミサイル部品の可能性大

 パナマ政府は7月15日、キューバを出航しパナマ運河を通過しようとした北朝鮮籍の …

sumsung
大統領選挙でも争点に!韓国の財閥支配の温床「循環出資」とは?

 韓国は財閥が支配している国として有名である。韓国における財閥の影響力は極めて大 …

nvidiaceo
ハードはタダの箱になる。世界的家電見本市CESで一気に主役交代の流れ

 世界最大の家電見本市「CES」が2016年1月6日から8日にかけて米ラスベガス …

tokyotower02
大都市の世界物価ランキング。日本は円安で改善したが、喜んでもいられない

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

kimujoun
人民日報が世紀の大誤報。米誌のパロディを真に受け金正恩をヨイショ!

 人民日報電子版は2012年11月27日、「世界でもっともセクシーな男性」に北朝 …

monju
高速増殖炉もんじゅの運転再開が困難に。破綻に近づく核燃料サイクル政策

 かつて夢の原子炉と呼ばれ、日本の核燃料サイクル政策の要と位置付けられていた高速 …