ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

故三国連太郎の女性遍歴は、彼の「アレ」が小さかったことが原因?

 

 「飢餓海峡」「釣りバカ日誌」などに出演し、風格のある演技で知られた俳優の三国連太朗が死去した。90歳だった。

 現在の中年世代には俳優佐藤浩一の父親といった方が分かりやすいかもしれないし、さらに若い世代の人は、佐藤浩一もあまりよく知らないかもしれない。
 だが60代以降の人にとっては伝説的な役者の一人であり、演技のためなら何でもするいわゆる役者バカであった。役作りのために上下の歯10本を抜いたエピソードはあまりにも有名である。

 三国は生き方もまさに役者で、奔放な女性関係で知られていた。佐藤浩一も3人目の妻との間に生まれた子供である。
 そんな精力絶倫だった三国だが、実は女性に対してある強いコンプレックスを持っており、それが三国の女性遍歴のエネルギーになっていたという噂がある。それは三国の「アレ」が小さいというものだ。

 誰もまじまじと見たことはないので、真偽のほどは定かではないが、本人は相当悩んでいたといわれる。小さくても十分に相手を満足させられることを証明すべく、次々と女性を口説いていったという。

 もっとも若い頃の三国の写真を見ると、当たり前だが相当なイケメンだ。アレの大きさなど関係なく女性には不自由しなかったであろう。凡庸な我々一般男性から見れば、羨ましい悩みなのかもしれない。

 そんな三国だが、人生の中でただ1回だけ本気の恋愛をしたという。相手はすでに亡くなっている女優の太地喜和子。あまりの本気さに怖くなり、自分から身を引いたといわれている。

 肉食系男子だった三国は、現在の草食系恋愛をあの世からどう眺めているのだろうか?
 冥福を祈りたい。

 - 芸能

  関連記事

no image
小野文恵アナが結婚。今回はちゃんと籍を入れてね!の声

 「ためしてガッテン」などで元気キャラをお茶の間に届けているNHKの小野文恵アナ …

no image
釈由美子がGACKTの愛人であることが発覚。つくづく「だめんず」な体質の釈

 女優の釈由美子がGACKT(ガクト)と長年にわたって親密交際していたことを週刊 …

kaharatomomi03
歌手の華原朋美が活動再開。だが12年前とまったく同じセリフに一抹の不安が・・・

 芸能活動を休止していた「朋ちゃん」こと、歌手の華原朋美が5年ぶりに活動を再開す …

takeiemi
オスカーのエース、武井咲が大ピンチ。旺盛な食欲はまるで深キョン?

 芸能事務所オスカーのイチ押しタレントだった武井咲がピンチに陥っているという。武 …

no image
紳助のとんねるず石橋への抗議電話で浮き彫りになったこと

 暴力団との交際が発覚し芸能界を引退した島田紳助が、関連ネタを連発していた「とん …

no image
TVの収録中にケガをする若手芸人が続出。背景にはTV局の構造的問題が

 このところTVの収録中にケガをする若手芸人が増えてきている。  2月にはお笑い …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

no image
蒼井優が突然髪型チェンジ。かつての恋人と同じCMに超ショートで出演

 女優の蒼井優がライトオンの新CMにおいて、芸能界デビュー後初めてとなるショート …

watanabejunichi
作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去 …

no image
オークションサイトをめぐる芸能人のステマが問題に。だが巨悪は別に存在する

 ペニーオークションに関する芸能人の「ステマ」に関して批判が集中している。実際は …