ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ITが仕事を奪うとの書籍が話題に。だが現実のIT化はもっとイヤラシイかもしれない

 

 コンピュータによって人々の仕事が奪われ、最終的にはごく一部の知的エリートと、肉体的労働に二極化される。そんな未来を描いた書籍「機械との競争」が話題になっている。
 もともとは2011年に米国で自費出版されたもので、内容自体はそれほど目新しいものではないが、翻訳版が2月に発売されたことから、国内でも知られるようになってきた。

 著者はMITスローン・スクールの研究者2人。 著者はリーマン・ショック後、経済危機を脱しても雇用が回復しないのは、技術の進歩に人間が負け始めているからだと主張する。現代におけるITの進歩はめざましく、自動車の運転もほぼ実用段階に達している。今後は思いもしなかった分野にまでITが進出し雇用を奪っていくかもしれない。

 本書に限らず、テクノロジーの進化が社会を変えるという話にはセンセーショナルな表現がつきものである。現実には、ごく一部の知的エリートと肉体労働者に完全に分断されてしまうことなど、おそらくないだろう。だが、そうだからといってテクノロジーが職を奪うという表現は大袈裟かというと決してそんなことはない。

 米国は80年代後半以降、リーマンショックを引き起こすまで、目覚ましい経済成長を実現した。だがその間、一部の期間を除いて、実質賃金は低下する一方であった。この時代はまさにITの普及が急激に進んだ時期であり、徐々にではあるが、テクノロジーが労働者から富を奪っていったのである。

 つまり、労働者のテクノロジーに対する敗北は連続的に発生するのだ。多くの人が気付かないうちにジワジワと労働者の生活を蝕んでいく。だが皮肉なことに、米国の株式市場のパフォーマンスはこの時代が歴史的にも最高水準であり、多くの庶民が年金増額などを通じてその恩恵を受けることができた。テクノロジーの進歩と金融資本主義の発達は密接に関係している。テクノロジーによる合理化を米国の労働者は資本市場を通じて相殺した格好だ。

 ひるがえって日本はどうか?日本は金融システムの構造上、株高の恩恵を庶民が受けることができない仕組みになっている。もし日本でもIT化が米国レベルまで進んでしまったら、労働者は失う一方になってしまう。日本人の多くが構造改革や規制緩和、ベンチャービジネスに対して警戒心を持っているのは、この仕組みを本能的に知っているからなのかもしれない。

 - 社会, 経済, IT・科学

  関連記事

tissue
円安で値上げが続々。だが実際にはデフレ下でも値上げは進んでいた

 急激に進んだ円安を背景に、製品やサービスの値上げが相次いでいる。製紙大手各社が …

gillade
中国が今度は豪の諜報機関をハッキング?だが政府首脳は中国擁護に必死

 オーストラリア放送協会(ABC)は5月27日、中国のハッカー集団が、建設中のオ …

murakmiharuki
村上春樹氏が再びノーベル文学賞を逃す。本当に受賞することは可能なのか?

 スウェーデン・アカデミーは10月10日、2013年のノーベル文学賞を発表した。 …

dentsu
労働時間を一気に2割削減するという電通の働き方改革は実現可能か?

 新入社員の過労自殺事件を受け、労働基準法違反で起訴された電通が、労働環境改善に …

toshiba03
東芝が来期の業績予想を発表。不正会計問題に加えて経営危機説も

 不正会計問題が指摘されている東芝は2015年12月21日、これまで公表を延期し …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

seiyujo02
政府による上からの構造改革がスタート。弊害はないのか?

 茂木経済産業大臣は2014年6月10日、石油業界の再編を促すため、産業競争力強 …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

ichimanen
政府が中長期的な財政収支見通しを発表。最後は歳出の大幅抑制しかない?

 政府は2015年2月12日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。前回の …