ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国のGDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国経済をどう見るべきか?

 

 中国国家統計局が15日発表した1~3月期のGDP成長率をめぐって株式市場で混乱が起きている。15日のニューヨーク株式市場は大幅下落となり、ダウ平均株価は先週末比265.86ドル安の1万4599.2ドルで取引を終えた。欧州やアジア各国の株価も軒並み下落している。

 中国の1~3月期実質GDP成長率は前年同期比7・7%となり、7・9%だった前期(2012年10~12月期)に比べて0.2ポイント減少した。
 2012年7~9月期は7.4%、同じく4~6月期は7.6%だったことを考えると、景気はむしろ持ち直しつつあるともいえるが、株式市場は逆の反応となった。

 市場には中国がまだ10%成長を持続できるのではという淡い期待があった。だが今回の1~3月期の数値でその可能性がほぼゼロになったことが明らかとなり、失望売りを誘ったものと思われる。市場はようやく、中国が名実ともに超高度成長を終えたと判断したようである。

 中国は現在、インフラ投資による成長経済から内需中心の成熟経済に方向転換しようとしている。今期のインフラ投資は前年同期比20.9%の伸びで市場予想の21.3%を下回った。GDPに占める消費の割合は約56%となり、インフラ投資(約30%)や輸出(14%)を大きく上回っている。
 一般に国家は先進国に近付くにつれてGDPにおける消費の割合が増えてくる。日本は約60%、米国は約70%である。中国の56%という数値は、中国が日本型の経済に近付いていることを示している。国家統計局では、中国は内需中心の安定成長経済に転換していることを強調している。

 だが実際に日本型の経済に移行できているのかというと必ずしもそうではない。消費がGDPの56%を占めるといってもその多くは建設関係の消費であり、まだまだ途上国型の形態から抜け出せていないのだ。日本でいえば1970年代であり、まだ40年近くのギャップが存在しているといえる。

 ただ日本と同じレベルになるのに40年かかるのかというそうではない。後発国の方がキャッチアップが早く、先進国の20年を数年で達成できることが普通である。中国はサービス産業化が急激に進んでおり、第三次産業の伸びが最も高い。産業全体の生産高の伸びに比べて電力消費の伸びが3分の1程度になっていることも、経済のサービス化が進んでいることを裏付けている。

 中国経済の鈍化を受けた株式市場の混乱は一時的との見方が大勢だ。中国経済の超高度成長は終了し、安定成長に入ったことが世界の共通認識となれば、市場も落ち着きを取り戻す可能性が高い。
 中国が安定成長に移行できれば、中国人の消費行動には厚みが増してくるはずだ。日本企業にとって中国市場が魅力的なのだとすると、これからが本番ということになる(本誌記事「中国の高度成長は完全に終了。だが市場として魅力的なのはこれからだ」参照)。

 - 経済

  関連記事

sonyhonsha
ソニーが相次いでリストラ策。だが今後の戦略についてはいまだ不透明

 業績低迷が続くソニーが、相次いでリストラ策を打ち出している。個々の施策はそれな …

graph
市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に …

plazuma
パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断

 パナソニックが、中国・上海にあるプラズマテレビ組立工場を閉鎖する。すでに生産は …

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …

tosho03
目立ってきた為替と日経平均の乖離。どちらが実体経済を表している?

 日経平均と為替相場の乖離が大きくなっている。量的緩和策の実施以降、基本的に日経 …

shoshutuchi
スイスに続いてドイツでも役員報酬制限の動き。背景にある株主主権という考え方

 欧州で企業経営者の高額報酬を制限する動きが活発になってきている。スイスでは今年 …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

seveneleven
コンビニ最大手のセブンがとうとう加盟店からのロイヤリティ減額を決断

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが「聖域」とされてきた加盟店からのロイヤリティ …

tousan
周回遅れの構造改革?倒産減少のウラで廃業が増加中

 企業の倒産が減少している。背景には景気の回復もあるが、中小企業金融円滑化法によ …