ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国のGDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国経済をどう見るべきか?

 

 中国国家統計局が15日発表した1~3月期のGDP成長率をめぐって株式市場で混乱が起きている。15日のニューヨーク株式市場は大幅下落となり、ダウ平均株価は先週末比265.86ドル安の1万4599.2ドルで取引を終えた。欧州やアジア各国の株価も軒並み下落している。

 中国の1~3月期実質GDP成長率は前年同期比7・7%となり、7・9%だった前期(2012年10~12月期)に比べて0.2ポイント減少した。
 2012年7~9月期は7.4%、同じく4~6月期は7.6%だったことを考えると、景気はむしろ持ち直しつつあるともいえるが、株式市場は逆の反応となった。

 市場には中国がまだ10%成長を持続できるのではという淡い期待があった。だが今回の1~3月期の数値でその可能性がほぼゼロになったことが明らかとなり、失望売りを誘ったものと思われる。市場はようやく、中国が名実ともに超高度成長を終えたと判断したようである。

 中国は現在、インフラ投資による成長経済から内需中心の成熟経済に方向転換しようとしている。今期のインフラ投資は前年同期比20.9%の伸びで市場予想の21.3%を下回った。GDPに占める消費の割合は約56%となり、インフラ投資(約30%)や輸出(14%)を大きく上回っている。
 一般に国家は先進国に近付くにつれてGDPにおける消費の割合が増えてくる。日本は約60%、米国は約70%である。中国の56%という数値は、中国が日本型の経済に近付いていることを示している。国家統計局では、中国は内需中心の安定成長経済に転換していることを強調している。

 だが実際に日本型の経済に移行できているのかというと必ずしもそうではない。消費がGDPの56%を占めるといってもその多くは建設関係の消費であり、まだまだ途上国型の形態から抜け出せていないのだ。日本でいえば1970年代であり、まだ40年近くのギャップが存在しているといえる。

 ただ日本と同じレベルになるのに40年かかるのかというそうではない。後発国の方がキャッチアップが早く、先進国の20年を数年で達成できることが普通である。中国はサービス産業化が急激に進んでおり、第三次産業の伸びが最も高い。産業全体の生産高の伸びに比べて電力消費の伸びが3分の1程度になっていることも、経済のサービス化が進んでいることを裏付けている。

 中国経済の鈍化を受けた株式市場の混乱は一時的との見方が大勢だ。中国経済の超高度成長は終了し、安定成長に入ったことが世界の共通認識となれば、市場も落ち着きを取り戻す可能性が高い。
 中国が安定成長に移行できれば、中国人の消費行動には厚みが増してくるはずだ。日本企業にとって中国市場が魅力的なのだとすると、これからが本番ということになる(本誌記事「中国の高度成長は完全に終了。だが市場として魅力的なのはこれからだ」参照)。

 - 経済

  関連記事

panatuga
パナソニック決算。何とか出血状態から脱却したが、長期的方向性は示されないまま

 パナソニックは5月10日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前期比7% …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …

nichigin02
マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大 …

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …

sonmasayosi
ソフトバンクが連続して大型買収に踏み切ったのは、前回の買収を成功させるため?

 ソフトバンクが米携帯電話4位のTモバイルUSを約2兆円で買収すると報道されてい …

intelbaytrail
インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決 …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

siniakigyou
起業希望者はバブル期に比べて半減。だが高齢者起業家は急増中

 起業を希望する人の数が年々減少し、2012年にはピーク時の約半分になったことが …